フォト
無料ブログはココログ

田舎生活

2013年9月13日 (金)

お引越し準備中につき・・・

Dscf2585_30このブログを綴り始めて6年半になりました。

いろいろ書いてきて、契約している容量がいっぱいになってしまいました。

新しい居場所を作ろうとしていますので、しばらくお待ちください。

追って、ご連絡いたします。


2013年9月 9日 (月)

お隣の天日干し米

Dscf2582すっかり秋の空になりました。

私の田圃は先週全て刈り取りが終わりましたが、近所も8割程度は終わった感です。

そしてマイログハウスのお隣の農家は今もなお稲木に”はざかけ”して天日で乾燥されています。

バインダーで刈り取った後、稲木にかけ、乾燥度合いの確認後それをハーベスタで脱穀するというとても手間のかかる作業ですが、天日で乾燥したお米は格別に美味しいという話もあります。

『あかまつファームのこしひかり』では、この天日干し米のご注文もお受けしております!

 #ちなみに、私のお米と天日干し米の食べ比べを毎年していますが、客観的に言って、あんまりかわらないんですけどね・・・

2013年7月19日 (金)

今年も奈良漬

Dscf2294綾部の叔父が白瓜を先週持ってきてくれた。10kgの重さがある。

で早速、昨年大成功した奈良漬を作ることに。

Dscf2299

まずは、仮漬け。種やわたをとって、粗塩(2kg)をたっぷりすり込み、10kgの錘で1週間漬け込みました。

Dscf2353そして、昨日。

せいがあがったので、一度引き上げ、きれいに洗い布で水気をとり、酒粕8kgにザラメ2kgを混ぜ込み、酒粕→瓜の順番にサンドイッチ状に漬け込んでいきました。

これから半年寝かせると、2月ごろには美味しい奈良漬が食べられます。




2013年7月17日 (水)

冬の準備スタート

Dscf2342昨年は6月までに終了していた薪割り。今年はいろいろあって、ようやくスタートです。

今年の冬の薪は確保しているのですが、乾燥に2年あったほうがいいので、2年後の薪作りとなります。

乾かしすぎた為でしょう。電動の薪割り機を使っても、パッカ~ンと割れません。チェーンソーで縦に割れ目を作ってからの作業となるので、倍ほどの時間がかかります。

そして、今年は多くの原木を調達しているので、薪小屋も溢れてしまうので、新たに薪小屋の増設から始める必要があります・・・

昨日からスタートして今日も一日対応。この調子でいけば秋までかかりそうですね。

2013年7月15日 (月)

3連休

Dscf2323この3連休、東京から仲間がマイログハウスにやってきました。

6年前まで勤務していた、ネットワンの皆です。

この3日間、いっぱいの企画をたて、フルにそれらをこなし、夜は思い出やら近況を肴にいっぱい飲みと充実した時を過ごしました。

画像は、最近走り始めた、KTRの『赤松号』の前での集合写真。粋な電車で、今回2回目の乗車ですが、マイログにお越しの方とまた一緒に乗れればと思います。

2013年7月10日 (水)

ナラ枯れ対策

Dscf2290この画像、先週の土曜日のもの。

場所は京都・宝が池公園。

いつもの散歩をしていると、今年も画像のように木組みとその周りにペットボトルを連ねたような異様な造作物。昨年も同じものが何箇所かに設置されていました。

知らない人は、新しい椎茸の作り方かなあなどと通り過ぎていく人も。

前に、管理事務所に問い合わせたところ、『最近、ナラ枯れ被害が多く、それはカシナガキクイムシ(カシナガ)が菌を媒介するためであり、そのカシナガを捕獲するための仕組み』なんだそうです。

実は、組まれたナラの丸太が、薪ストーブの薪に最適な太さであり、いただきたいとの思いからの連絡でした。しかし、カシナガを他に撒き散らすことになる可能性もありNG!

アカマツの松枯れにはじまり、ナラ枯れも最近の大きな問題です。里山をどうして守るかは大きな課題です。自然破壊を繰り返す私たち人間が対応するしかないですね。

2013年6月23日 (日)

あかまつ号、乗車

Dscf2253かねてから気になっていました。

大江町はじめ丹後半島を巡る『北近畿タンゴ鉄道』のあかまつ号に本日乗ることが出来ました。
この土日、大阪から8名ほどの仲間がマイログハウスに泊まりに来てくれたので、『あかまつ号』でのプチ旅行を提案。
西舞鶴から宮津までの往復を楽しんできました。
ウッディーな内装が心地よく、由良川橋梁は徐行で景色を楽しみ、栗田湾近辺ではいったん停車し、車内放送でガイドをしてくれたりと、楽しい40分の電車旅でした。
宮津では『とんだ屋』で刺身定食を味わうことも出来ました。
お勧めのコースです。

2013年6月21日 (金)

じゃがいも試掘り

Dscf2248川が氾濫している地域の方にはお気の毒なことですが、こちらでは今のところ恵みの雨が続いています。

なにせずっと晴天続きで雨がなく、畑はカラカラ。野菜の育ちが気になっていましたが、手の施しようがありませんでした。
さっき、雨が一瞬やんだので、じゃがいもを試しに3株ほど掘ってみました。やはりちっちゃいのが多いですね。
いわゆる、『クズイモ』。これはこれで、炒めたり揚げたりして食べると美味しい。
天気が回復したら残りは収穫することにします。
ちなみに、左から、『きたあかり』『アンデス』『インカのめざめ』です。

2013年6月18日 (火)

頂き物

Dscf2245今日はしばらくほったらかしになっていた田圃の畦の草刈に励みました。

夕方、晩御飯のおかずを買いに行こうかと思いつつ、明日は大雨になる模様なので今日中に少しでもやっておきたいし・・・など思いつつ作業していると、知人が「舞鶴で釣ったから」と鯵とキダイを持ってきてくれました。
なんといいタイミング! ありがたくいただき、今晩は鯵の刺身にしようと、暗くなる手前まで草刈に励みました。
しかし、量が多いと思い、近くに住む叔父にも半分お裾分けに行ったところ、帰りにキュウリと大根をもらってかえることに・・・。(家のはまだ収穫できません)
なかなかの自給自足的な夕方の営みでした。
一匹のウロコと内臓をとり、脂の乗った鯵を刺身にして堪能しました。残りは裁いて冷凍庫に。

2013年6月13日 (木)

栗の花

Dsc_0080季節がまた廻りました。

毎年この季節、ログの前にある山裾の栗の木に花が咲きます。
今年もいつも同様の景色です。
春先寒い日が続き、梅雨入りになっても雨が降らず、まだ6月というのに連日30℃超えの気温という異常な気候にもかかわらず、月日が刻まれたかのように開花する栗の木を見て、なんとなくホッとするひと時でした。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック