フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

まだ煙が・・・

Dsc_0045今日は3月29日。

日中は20℃近くまで気温も上がるようになりましたが、朝晩はまだ肌寒いこの頃です。

11月の初めに火を入れた薪ストーブは、まだそんな今日も活躍中。昼間は外仕事~ほぼ毎日山に行き、原木集め~しているので、火力は抑えて絞った状態にしていますが、夜から朝にかけては、あと1週間ほどは働いてもらうことになりそうです。

2013年3月25日 (月)

今朝の宝が池

Dscf1971 京都の朝は、犬との宝ヶ池の散歩。

白鷺が人間を恐れるでもなく、近づいても知らん顔。

ここにはカモ、オシドリ、アヒル、カイツブリなどなど、多種の野鳥が住み着いていて、のんびりした憩いの場です。

2013年3月23日 (土)

今年のエンドウ豆とソラ豆

Dscf1965 昨年11月に畑に地植えしておいたエンドウ豆とソラ豆が、寒い風雪に耐えに耐え春を迎えました。

この数日でググッと大きくなってきましたので、除草を丁寧に行い追肥を施しておきました。

エンドウ豆は『南海緑』とツタンカーメンの副葬品から見つかったといわれる『ツタンカーメンのえんどう豆』です。

このツタンは濃い紫色で、豆ご飯にすると、赤飯のようになるというので、収穫が楽しみです。

Dscf1963 ソラマメは寒さにいくつかやられて8本ほどしか育っていないのですが、大事に育てます。

さっと湯がいて食べると、ビールのおつまみに最適!

2013年3月21日 (木)

今年も椎茸

Dsc_0032三寒四温ではありますが、椎茸が沢山出始めました。

我が家の椎茸は、いつも春に集中します。

肉厚で、素朴に焼いて醤油で食べると、ジューシーでトロンッとした美味しさが口に広がります。

これも春の楽しみです。


2013年3月20日 (水)

マイログハウスのショールーム化

Dsc_0036昨晩から、マイログハウスはとっても華やかです。

娘の勤めるP社のショールームの友人が遊びに来てくれました。

マイログには、P社のショールームからお風呂とトイレとIHクッキングヒータがやってきています。

日ごろはお客様にお勧めしているこれらの器具を昨日・今日は生活の中で使ってもらっています。

みんな陽気で楽しい仲間です。

みんなでワイン飲んでピザ食べて楽しいひと時を過ごしました。

今日は薪割り体験してから三段池公園でテニスをします。

2013年3月18日 (月)

玉葱追肥4回目

Dscf1954最近、玉葱の姿が日々大きくなってきているように見えます。

昨年までは、追肥は3回と決めていましたが、昨年農大の先生と話していたところ、「4回の追肥で成長がずいぶん変わる」ということを聞き、今年度は、12月から今月まで4回追肥としました。

6月の収穫まであと3ヶ月。楽しみです。

2013年3月17日 (日)

今年のジャガイモ

Dscf1947毎日、そして朝晩の気温の変動が今年は特に厳しく感じますが、そんな春もあるのでしょうか。

先週畑を耕し、堆肥としての鶏糞と、土壌中和のための苦土石灰の代わりに冬の間に貯めた薪ストーブから出る木灰を蒔いておいた畑に、今日は畝を立ててじゃがいもを植えつけました。

今年のジャガイモ種は右から『キタアカリ』『インカのめざめ』『アンデス』です。

いずれもホクホク感の優れた品種で我が家ではポテトサラダが好評です。

6月の収穫に向けてこれから管理していきます。

2013年3月12日 (火)

カヤの木

130311_006神社に通い始めて8日目。

樫の木はほぼ片付けたのですが、大物の楠木に加え、カヤの木も。

そこで、ここ数日はカヤの木を玉切りして持ち帰っています。さて、薪ストーブにカヤの木は適しているのか?

カヤは針葉樹。あんまり良くないのではと思い、本やinternetで調べるのですが、全くヒットしません。懇意にしている薪ストーブやさんに聞いてみると、『基本的に木であれば十分に乾かせば何でも使える!』とのこと。

これもまずは試してみることと思い、2年以上乾かして使ってみることにします。

画像は枝に近い部分。元は60cm径で7mほどが転がっています。今日からそれの解体です。

2013年3月 8日 (金)

ふきのとう

Dscf1946毎年この頃はログの廻りには、こんな『ふきのとう』が芽生えてきます。

雪解けの後、暖かくなる前に摘まないとすぐに開いてきますので、この時を見逃せません。

私のところでは、毎年これを摘んで、『ふき味噌』を作っています。ほろ苦い春の香りがたまりません。

季節はめぐります。


2013年3月 5日 (火)

樫の木・その2

Dscf1943本日は直径50cm超の樫の木解体。

この太さになると、かなりの重量がありびくともしません。

35cmに玉切りして、それを半割しても持ち上げられず、1/4にしてようやく軽トラに詰め込むことが出来ました。本日5玉と枝一盛。

まだまだ先は長いです。


« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック