フォト
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

竹灯篭

Dscf1800私の教会では、現在『金曜キャンドルサービス』を行っています。

勤め帰りの会社員の方や、近くの学生の方の為に、「1週間を終えてちょっと一息」、「忙しさの中で埋もれた自分探しに」・・・と始められました。

夜19時からなのですが、外は暗く、せっかくやっているのに目立たないからと、玄関の階段に『竹灯篭』を設置することにしました。

そこで、マイログハウスの周りの竹を伐り、こんな灯篭を作ってみました。

あすは金曜日。早速使ってみます。雨にならなければいいのですが・・・。

2013年1月30日 (水)

木ぼっくり

Dscf1797天候を見ながら、来年以降の薪にしようと、とりあえずログ廻りの堅木を少しずつ伐り始めています。

枝はどんどん燃やしているのですが、ちょっと遊んでみました。

電ドルで小さな穴を開けて組み合わせていくと、こんな面白いものができました。

自然の素材で作った人形を『木ぼっくり』というそうですね。

材料は、いっぱいいっぱいありますし、クセになりそうです。


2013年1月28日 (月)

今日の大江

Dscf1790金曜日のお昼、京都市内に帰るとき、大江は吹雪き始めました。

そして土日は京都も大変寒く、テレビでは全国的な寒波と大雪情報を伝えていました。

あまりの寒さでしょうか、テニス中に左足ふくらはぎに肉離れをおこしたほどです。京都北部もかなりの積雪があるように思っていました。

そして今日お昼頃に大江に再び舞い戻ると、あれっというくらい、さほどのこともなく、10cmほどの積雪で、これも徐々に融けていきそうです。

しかし、3日不在にすれば、ログ内の温度計の3℃。・・・急ぎ薪をくべて暖をとりました。

2013年1月24日 (木)

玉葱2回目の追肥

Dscf1780先週の雪はすっかり融けて今日はおだやかな一日。

第2回目の玉葱の追肥です。

雪に埋もれ、時には朝霜に耐え、寒風にさらされ、我慢の日々です。

見た目には背丈は前回とほとんど変わっていませんが、茎が少しずつ太くなってきています。

あすからはまた寒波に襲われるとの天気予報。

まだまだ春は先ですが、この寒さに耐えてこそ甘い玉葱ができるのです。


2013年1月19日 (土)

地には平和を

Dscf1772 毎年1月、阪神淡路大震災を風化させない為に、加えて東北と世界の震災遺児のためのチャリティコンサートが京都北山のコンサートホールで行われます。

今年はカール・チェルニーのミサ曲とモーツァルトのレクイエムが演奏されました。

このコンサートは、途中で観客全員で讃美歌を歌い、そして最後にはまた、ハレルヤコーラスを皆で合唱し、ホール全体が一体化します。

Dscf1771_2 少しでも遺児たちの心が癒されることを願って、帰りには募金箱にも寄付をしてきました。

2013年1月11日 (金)

また大根漬け

Dscf1741雪の中でも大根はしっかりと育っています。

年末に漬けた大根10kgは仲間に配ったりもして完食。そこで第2弾。仮漬けして2週間が経過したので本漬け開始。

今回は13kgと若干増量。なんといっても仮漬けでせいがあがった中から大根を取り出すときの冷たさ。手が痛くなってきますが、喜んで食べてもらえる顔を見ると、それしきなんのことはない。

2週間もすれば、食べられるようになります。

そしたら次の第3弾が始まります。


2013年1月 8日 (火)

2年後の薪集め

130108_003高校の同級生の自宅上にある神社。

自治会で社に倒木があたると危ないからということで、直径70cm近くの大木が伐採され、それがいただけるということで視察に行ってきました。

40cm程度の厚みで玉切りしてもらってあったり、奥(上)の方には伐り倒したままのもあり、人力で持ち上げる大きさに刻んで軽トラに積んで20往復もすれば持ち帰れるでしょうか?

1年分ほどの薪が作れそうです。

2013年1月 5日 (土)

椎茸ホダ木

Dscf1722 見てのとおり、椎茸のホダ木に積雪。

年末に、爪の大きさほどの芽が出始めていましたが、この積雪で成長はいったん停止するのでしょうか。

肉厚でジューシーで甘みのある椎茸がもう少しすれば食べられるようになります。楽しみ。

2013年1月 4日 (金)

今朝は20cm

Dscf1717元旦は日本晴れで、比叡山の山裾から神々しいばかりの朝日を拝することができました。

午後礼拝に出たあと大江に帰り、2-3日は小学校の卒業45周年の同窓会をしたのですが、その後から雪が降り始め、今朝起きてみるとこのように20cm程度の積雪。

これから2月いっぱい、こんな風景を楽しむことになりそうです。

2013年1月 1日 (火)

1月1日

Dscf1700元旦の午後は同志社教会での新年合同礼拝。

京都南部地区のクリスチャンが集まっての礼拝。

摩擦を恐れず、いえ摩擦を乗り越え、炎のごとく燃え盛る輝かしい将来を築くことと心に決め・・・。

2013元旦

Dscf1693今年のお正月は夫婦ふたり・・・と愛犬ハナ・・でのんびりした時。

健康に恵まれ、また新しい年が始まります。

自然との共生を基本に、着実に歩みを進めたいと思っています。


« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック