フォト
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

乾燥~籾摺り

Dscf1107稲の刈り取りの次の日は、乾燥が終わった籾を玄米にする工程。

刈り取ったばかりの籾は、今年の場合ですと水分計で計ると32%程度の値を示していましたが、これを乾燥して15%程度にする必要があります。

昨日15時位に乾燥機に籾を放り込んだのですが、15%までにするために20.5時間を要すると乾燥機が示していました。ということは本日の13時位まで乾燥にかかるということで、14時から乾燥機より籾を取り出し、籾摺り機にかけて玄米にしました。

今年のお米は、いつになくとってもきれいで輝いています。猛暑で大変でしたが、お米にとっては太陽の恵みをいっぱいに受けた様子です。

新米を食べるのが楽しみです。ご予約いただいている方も、楽しみにしていてください。もうすぐお届けできます。

2012年8月30日 (木)

稲刈りスタート

Dscf1086昨年も8月30日でした。

今日から稲刈りがスタートしました。今年は約6反に作付けを増やしていますので、1週間近くこの作業が続くことになります。

昨年導入したコンバイン(もちろん中古)は2条刈りなので、そこそこ時間がかかります。

また、袋取りなので、その運搬に力を要します。

2反の田圃の半分を午前中に刈り取り、近くの叔父さん宅まで持ち込み乾燥機に放り込み、昼食後残り半分の刈り取りをと思っていたのですが、雨がパラパラと落ちてきたり、天気予報で雨雲をチェックすると、怪しい雰囲気でしたので、お昼ご飯はおあずけでいっきに刈り取り、乾燥機まで持ち込みました。

おかげさまで、雨にもあわず、本日の作業は早々と終えることができました。

稲刈り直後の田圃の香りが、私は大好きです。秋がやってきたという気持ちにさせてくれます。

さあ、次は来週月曜から金曜にかけて残りの田圃の収穫を行う予定です。

2012年8月28日 (火)

実るほど頭を垂れる・・

Dscf1050今朝の田圃の接写画像。

かなり稲穂が実ってきました。今年は暑い日が続き、雨も少なかったですが、見たところ豊作に近いのではないかと思っています。

お隣の田圃は私が留守している間に刈り取られ、すでに稲木にはそれが干してありました。

いよいよ稲刈りのスタートです。

今日は倉庫からコンバインを出し、試運転・燃料準備などなどを行い、明後日からは私も稲刈りに突入です。

2012年8月24日 (金)

田圃の色付き

Dscf1038処暑になっても暑さは衰えません。残暑というより盛暑という言葉のほうが正しいようです。

そんな折、我田も色付いてきました。この前まで青々としていた穂も垂れ始め黄金色に変わってきています。来週あたりから稲刈りが始まりそうです。お隣の空き地には天日干し用の稲木が立ち、準備万端です。


2012年8月22日 (水)

草刈機新調

Dscf1023この前の大雨の影響でしょうか?雑草がすごい勢いで伸びてきています。毎週のように草刈をしているのですが追いつきません。

そんな時、親の代から使われ愛用していた草刈機が壊れてしまいました。今年の春にキャブレターを掃除し、エンジンは調子よく回ってくれるのですが、回転を伝える部品が磨耗したのか、分解・掃除しても空回りするばかり!!

そこで、思い切って!新調。ZENOAHの22cc。ネットで発注したら次の日届きました。

早速使うこととしました。


2012年8月21日 (火)

トマトピュレ

Dscf0999朝・昼・晩に加え、夕方のビールのおつまみにもトマトを食べているのですが、それでも食べ切れません。

そこで、保存食にとトマトピュレを作ることにしました。トマト20個以上。湯剥きしてザク切り。(画像)

これから加熱して実をつぶし裏ごしした後、塩で味を調整し、瓶に入れて保存します。パスタにカレーに活躍してくれそうです。


2012年8月18日 (土)

ブルーベリー収穫

Dscf09891 夏野菜の収穫に引き続き、ブルーベリーも収穫。

毎年、ほったらかしにしているのですが、今年は、下草刈を都度頻繁に行い、春先には鶏糞を撒き、鳥害対策にとネットで覆っておいた甲斐もあり、ブルーベリーが沢山収穫できました。今年2回目で熟した実から順次収穫しています。

そのまま食べても美味しいし、ジャムにしてもいいかと。

2012年8月17日 (金)

今週の収穫

Dscf0984今日は金曜日。京都に野菜を持ち帰る日です。

トマト・万願寺・ピーマン・ズッキーニ・かぼちゃ各種・なす・きゅうり・・・・いつもどおりの野菜ですが、トマトは完熟、ピーマンは肉厚、やわらかな万願寺・・と新鮮な野菜は人気をいただいています。

喜んでいただけるのが嬉しいです。


2012年8月16日 (木)

夏の顔

Dscf09612日ほど、久々の雨。宇治をはじめ近畿の南は局所豪雨でひどいことになっていますが、私のところでは、嬉しい雨となりました。畑も喜んでいます。

ログの前では、ひまわりが太陽に向かって大きく輝いています。毎年農協さんが2-3粒「育ててくださいね」と持ってこられる種を蒔いておいたら今年は大きく成長しました。

でも、まもなく夏も終わりに近づいています。

2012年8月15日 (水)

ツタンカーメンのエンドウの豆

Dscf0949「ツタンカーメンのエンドウの豆」という珍しいえんどう豆を購入しました。

いつも私の野菜を食べていただいている方から、「赤いえんどう豆があり、豆ご飯作るとお赤飯のようになる。作ってほしい」とのこと。

そこで調べたら、「ツタンカーメンのエンドウの豆」という名前で、ツタンカーメンのお墓から副葬品として発掘され、3000年の時を経て発芽したものだとのうたい文句。

とてもロマンがあるじゃないですか。それに豆ご飯を作るのも楽しそうですし、今年の秋はこの種を蒔いて、来春を待ちたいと思います。


2012年8月13日 (月)

今日は田舎のお墓

Dscf0973_2昨日は京都市内の教会墓地でしたが、今日は田舎の我が家のお墓です。

まずは草刈。マイログから裏山を上がること約100m。そこそこの距離なので、そこの草刈はそこそこの重労働。

墓地は山の中腹。枯葉などが積もっているので熊手で掃除。

マイログの廻りに植えておいた百日草などを摘みお墓に添える。


そんな感じで今日は実家のお墓の掃除とお墓参りでした。

2012年8月12日 (日)

お墓参り

Dscf0969 平安教会の墓地は八瀬にあります。

5年前に母の遺骨をこの墓地に分骨していただき、今回、銘板を設置していただきましたので、お墓参りしてきました。

昼下がりは、直射日光がきつい時間帯ですが、少しは木の陰にもなり、高台で風も少しあり、そういえば立秋も過ぎたのかと改めて感じた時でした。

明日は田舎に帰り、そちらの墓道の草刈・掃除と、墓地、墓石の掃除をしようと思います。

2012年8月11日 (土)

ソウル・サーファー

120810_002 新京極はシネラリーベ。昨日は妻と一緒に、『ソウル・サーファー』を観に。

歳をとると、益々涙腺がゆるくなってきています。サメに腕を引きちぎられた少女サーファーの話。感動がありました。

エレミア書29章11節「わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。」

2012年8月 9日 (木)

魚3種

Dscf0955_2「魚いらん?」と近所の仲間から連絡が。舞鶴で釣ってきたものという。

ありがたくいただいてきました。上からレンコダイ(黄色いのでキダイとも・・)、、チダイ、アジ。

実は、採りたての魚を調理するのは苦手な私。。。というか、ほとんど捌いたことがない私。

ヒレをとり、ウロコをとり、内臓を取り出し、アジとチダイ1匹は下ろして刺身でいただきました。新鮮でプリプリと、とっても美味。

後は、冷凍庫に。後日塩焼きでいただきます。

2012年8月 8日 (水)

Dsc_1328昨日は久々ですが少し雨が降りました。畑の野菜たちも喜んでいます。

そして、ふと山裾の栗の木を見上げると、イガが大きくなってきました。

毎年この季節になれば、たいしてかまってあげているわけではないのに、忘れずに実をつけてくれます。


今年も9月下旬には、大きな栗の実が収穫できそうです。

2012年8月 7日 (火)

稲穂が鈴なり

Dscf0947田植え後ちょうど100日。

順調に稲穂が出て、これからはこれが充実し、黄金色になり、頭をたれることになります。
後3週間もすれば収穫のときを迎えますが、それまで台風などで水没しないように望むばかりです。

2012年8月 6日 (月)

電気柵

Dscf0939お隣のかぼちゃとスイカがヌートリアに持っていかれました。そしてとうもろこしとメロンは熊に荒らされました。

稲穂がそろそろ充実してくる季節。圃場に猪が現れるころです。猪は圃場を運動場よろしく走り回り稲をめちゃくちゃにし、爪でお米をしごいて食べるのです、そこで、昨日曜日は朝から生産者が全員集まり電気柵の設置作業にあたりました。

2m高さのポールを、4m間隔で全長1.5km、400本立てていき、電線を這わせていきます。カンカン照りの中で大変な作業。朝5時からやろうという声もありましたが、結局7時からの作業でした。

画像は電気柵の電源。8700ボルトの電位差で電流が流れます。

疲れましたが、絶対に必要な作業。これで少しは安心です。

しかし、これからは電気柵の下草を毎週のように草刈する必要があるのと、台風で由良川が増水するとみんなであわてて電気柵の撤去作業も覚悟しておかねばなりません。

2012年8月 5日 (日)

ブルーベリー

Dscf0933春先には株元に鶏糞を撒き、6月には鳥害対策にネットで覆っておいたブルーベリーが次々と熟して摘めるようになりました。

冷蔵庫で冷やしておくと、ちょっとしたおやつにもってこいです。

とても健康的で栄養価も高いといわれるブルーベリー。そこそこ健康に恵まれている私ですが、自然の恵みにこの暑い夏も元気に過ごせそうです。

2012年8月 3日 (金)

玄関デッキ&下屋作り・完成

Dscf0924毎日、記録的な猛暑が続きます。

そんな日々、早朝と夕方は田圃と畑の草刈に励み、日中はログ作りをこなしています。

そして5月からはじめた玄関デッキと下屋作りですが、ようやく完成しました。のんびりした進捗でしたが、イメージ作りから、屋根勾配・柱の位置・ログ本体との結合・手摺の材料選びetc・・・楽しみました。

これで、お客様が来られても、ゆったりとお迎えできそうです。


さて、次は薪小屋の増設工事に移ることとしましょう。

2012年8月 2日 (木)

玄関デッキ&下屋作り・その22

Dscf0907さて、最後の作業、階段作りとなりました。

といっても、踏板2枚のみの短いものですから、ロフトの階段を作ったことから思えば楽チンです。

材料は24cm幅、36mm厚のヒノキ。階段の幅は1mとしました。

画像は親板にホゾを加工しているところ。階段定規をあてて、ルーターで溝を切っていきます。

以前の仕事では、routerにお世話になったなぁ~。。などと思いつつのルーター作業でした。

2012年8月 1日 (水)

ナーベラー

Dscf0909友達が、今年の春に、「へちまを作ってほしい」と言ってきました。

聞くと、沖縄ではへちまをナーベラーと言って、これを使った料理がとても美味しいのだそうです。

へちまといえばタワシを思い出すくらいで、まさか食べるとは思いませんでした。

確かにゴーヤチャンプルも沖縄料理だし、マーボ・ナーベラーなどもレシピ画像を見ると、夏のおかずに美味しそうです。

そんなへちまの花が咲き始めました。どことなくハイビスカスなど南国の花に似ています。一番上のほうに、実もひとつ出来てきました。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック