フォト
無料ブログはココログ

« 舞鶴牡蠣丼 | トップページ | 京都も雪 »

2012年2月16日 (木)

京都自宅のウッドデッキ

Dscf0131 12年前に自作したウッドデッキが昨年ついにダメになりました。

ホームセンターで購入した安価な2×材を使い、当初はこまめに防腐剤を塗っていたのですが、年が経つにつれて手抜きにもなっていたのでしょうか、床が腐ってきたのです。

「田舎のログばかりじゃなくてこっちも構って欲しい」という奥さんのリクエストに応えて、昨年、一旦全てを撤去し新たに製作することにしました。

サイズは前回より少し小さめですが、3,000mm×2,400mmの広さ。また前回はぐるりと手摺をつけていましたが、今回は無しとしました。

検討に時間を要したことは、デッキ材に何を使うかということ。ホームセンターの2×材はやはり腐りに弱いことから、第1候補は『ウリン』に代表されるアイアンウッド。知人のバルコニーにはこれが使われており、「さすがにアイアンウッドは強い!」との言葉。しかし、ネットで調べたところ、コストが・・・! これだけのデッキを張るだけで15万近く掛かります。

そこで、友人が営む製材所に頼んで、30mm×105mm×3,000mmの『檜材』で対応することにしました。いつも安くしてくれており、まだ請求書は来ていませんが、たぶん3分の1程度の価格になるでしょう。しかも「雪の中で大変だろうから・・・」と、プレーナ仕上げもしてくれていたので大助かり。必要な長さへのカットと面取り、それにキシラデコールによる塗装をするだけで、後は組み立てるだけで済みました。

前回は、ビスは全てダボで埋め込んでいましたが、今回はSUS410のステンレスのコーススレッドを使ったので、あっという間に張り終えることが出来ました。

後はテーブルと長いすを作り、春のBBQを待ちたいと思います。

« 舞鶴牡蠣丼 | トップページ | 京都も雪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/44142898

この記事へのトラックバック一覧です: 京都自宅のウッドデッキ:

» 今年は大雪 [椀方のリスニングルーム]
今年の冬は、オホーツク海にブロック高気圧が勢力を保っているために偏西風の蛇行を引 [続きを読む]

« 舞鶴牡蠣丼 | トップページ | 京都も雪 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック