フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

薪原木を求めて

Dscf0175今朝も雪が降っていましたが、天気予報では午前中にあがるとのこと。

そこで、友達の山に今日も薪原木を収集に軽トラで行ってきました。

今日で数えること12日目。かなりの量を集めることが出来ました。画像手前と奥のほうに太目の玉切りがふた山、細めのものも沢山積み上げました。

樹種カシ、クヌギ、コナラ、クリ。どれも薪には最適です。しかし来冬の消費量には少し不足気味です。

あと、二日ほど山に行って集めようかと思います。

しかし、元口径40cm程度の木を切るときの迫力は、かなりのものです。そして、それを持ち上げられる長さに玉切りし軽トラにつんで運び、細かな枝は現場で綺麗に整理して・・・と、時間と体力と気力が必要です。

そして、持ち帰った原木をさらに玉切りし、アックスでひとつづつ割っていくのに更に時間と体力と気力を要します。

しかし、これもスローライフ。まだまだ若いことを実感しながら、次にやってくる冬の準備を進めています。


2012年2月24日 (金)

早速、巣箱の設置

Dscf0167 早速デッキの前と横に巣箱を設置しました。

ぐらついたりすると、鳥は巣として不適格と判定するらしいので、上下をしっかりと木に固定。高さも2.5m位のところとしました。

さて、やってくるでしょうか? 動きがあればレポートします。

2012年2月23日 (木)

巣箱つくり

Dscf01631今日は朝から雨。

家の周りの雪もこの雨で溶け始めました。

そしてログの周りの木々にしきりに小鳥が飛び始めました。

雨の中、薪の原木を採りに行くわけにもならず、そこでふと思い立ったのが、小鳥の巣箱作り。

シジュウガラやヤマガラはいつでも飛び回るので、それらの為の巣箱としました。

材料は、ログに使った端材の檜板(135mm幅)。

ポイントは、巣穴の大きさ(30mm径)と、巣穴から底部までの深さ(120mm)程度。

早速、デッキ前の木に設置しようと思います。早くしなければ、繁殖期に間に合いません。

2012年2月18日 (土)

京都も雪

Dscf0143 夜、ずっと降り続いていた様子です。

今朝目が覚めると、画像のように京都市内(宝ヶ池近辺)も一面真っ白。国際会館の周りの公園も10cm以上雪に覆われ、犬との散歩もままなりません。

大寒波のたてつづけの襲来で、日本全国雪模様。新潟など、豪雪地帯は大変だと思います。わが田舎、京都大江もきっとまた雪に覆われていることと思います。

明日の電柵撤去作業も、また延期になることでしょう。

2012年2月16日 (木)

京都自宅のウッドデッキ

Dscf0131 12年前に自作したウッドデッキが昨年ついにダメになりました。

ホームセンターで購入した安価な2×材を使い、当初はこまめに防腐剤を塗っていたのですが、年が経つにつれて手抜きにもなっていたのでしょうか、床が腐ってきたのです。

「田舎のログばかりじゃなくてこっちも構って欲しい」という奥さんのリクエストに応えて、昨年、一旦全てを撤去し新たに製作することにしました。

サイズは前回より少し小さめですが、3,000mm×2,400mmの広さ。また前回はぐるりと手摺をつけていましたが、今回は無しとしました。

検討に時間を要したことは、デッキ材に何を使うかということ。ホームセンターの2×材はやはり腐りに弱いことから、第1候補は『ウリン』に代表されるアイアンウッド。知人のバルコニーにはこれが使われており、「さすがにアイアンウッドは強い!」との言葉。しかし、ネットで調べたところ、コストが・・・! これだけのデッキを張るだけで15万近く掛かります。

そこで、友人が営む製材所に頼んで、30mm×105mm×3,000mmの『檜材』で対応することにしました。いつも安くしてくれており、まだ請求書は来ていませんが、たぶん3分の1程度の価格になるでしょう。しかも「雪の中で大変だろうから・・・」と、プレーナ仕上げもしてくれていたので大助かり。必要な長さへのカットと面取り、それにキシラデコールによる塗装をするだけで、後は組み立てるだけで済みました。

前回は、ビスは全てダボで埋め込んでいましたが、今回はSUS410のステンレスのコーススレッドを使ったので、あっという間に張り終えることが出来ました。

後はテーブルと長いすを作り、春のBBQを待ちたいと思います。

2012年2月12日 (日)

舞鶴牡蠣丼

Dscf0114舞鶴の名物に地元で採れた牡蠣を使った牡蠣丼があります。

舞鶴牡蠣丼を名乗るための条件は、①舞鶴産の牡蠣が5個以上乗っていること②舞鶴産の蒲鉾が使われていること③舞鶴産の卵でとじてあること、だとのこと。

昨日から大阪のテニス仲間が薪ストーブに癒されたいということでマイログに来てくれたので、この前見たプラネタリウム『銀河鉄道の夜』を再度鑑賞した後、まいづる茶屋にて、その丼を食べに行きました。

条件どおりの丼でプリプリの生に近い牡蠣が乗っており、美味しくいただきました。しかし、仲間がオーダした舞鶴牡蠣天丼を横目で見ると、こちらも興味がそそられる内容でしたので、次回は天丼を食べてみようと思います。

2012年2月 9日 (木)

春の準備に

Dscf0110外は今日も真っ白な景色。偏西風の蛇行でまだまだ寒い日が続きそうです。

外仕事が出来ない時は、春に向けての作付けの計画を立てるのにもってこいです。

タキイとサカタに予定の種を発注していたのも届いています。他にじゃがいもやえび芋も手配済みですがこれらもまもなく届くでしょう。

昨年の栽培場所から連作障害を少しでもなくすために、育てる畑の場所を選び、また昨年の反省も踏まえ、今年の栽培時期と管理を検討し、収穫をイメージするのはとても楽しいことです。

今年も、無農薬を基本に安全安心の野菜を届けられるようにしますので、待っていてください。

2012年2月 6日 (月)

帰ってみると・・・

Dscf0105この金~日までログを離れていました。

そして、今日帰ってきてみると・・・。

見てのとおりの降り積もった雪の有様です。

薪を取り出すにもこれではどうしようもありません。

小さかった頃、大雪でこんな風になったことはありますが、最近では本当に珍しいです。

3時間以上かけて、ログの周りを雪掻きして回りました。

薪ストーブをガンガン燃やしたのですが、周りが冷凍庫状態ですぐには暖かくなりませんでした。

また、今週の水曜日からは大雪が予想されています。

さあ、どうなることか・・!

2012年2月 3日 (金)

玄関閉鎖

Dscf0073今朝ようやく雪がやみましたが、昨晩もずっと降り続いていました。

朝一番の仕事は家の周りの雪かきから。

まずは玄関はドアが開きません。降り積もった雪と屋根からの雪で130cmにも盛り上がりました。当面は勝手口からの出入りのみ。

朝食後、府道までの100m程度の道のりの雪かきです。普段は車道から距離があることで、静かな生活ができていいのですが、こんなときは苦労が多いです。

昨日も同じことをしましたが今日も繰り返し。でないと、車を出すことができません。今日は京都の家に帰る予定ですから。

2012年2月 2日 (木)

京都北部も大雪

Dscf0041昨晩から降り続いた雪が今も吹雪いています。

膝までずっぽりと埋まるほどの雪で、こんな降り方、積もり方は久々です。

これからも降り続くと天気予報は伝えていますが、明日、京都に帰れるでしょうか・・・。

2012年2月 1日 (水)

好評につき・・

Dscf0029_2京都北部大雪注意報の中、1週間ばかり京都に避難し、一昨日大江に帰ってきましたが、思ったほどのことではありませんでした。雪かきをせずとも、マイログにたどり着けましたから。

しかし、畑は20cm程度の雪をかぶったままで、その雪を掻き分け掻き分け大根を掘り出しました。

昨年末にも作った大根漬けが皆さんに好評で「おいしかったおいしかった!!」といってもらえると、また作って食べてもらおうという気持ちで、雪の冷たさなど気にならないものです。

2月20日頃にはおいしく食べられるようになっているはずです。


« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック