フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

うらと海の焼海苔が届きました

Dscf0018 あと1ヶ月余りもすれば、3月11日の東日本震災から1年になります。

TV報道で見る限り、東北の至る所で、復旧にもまだまだ手がついていないところや、最近の大寒波で厳しい生活をされている様子も拝見し、胸が痛みます。

そんな昨晩ですが、ゆうぱっくで塩釜市「うらと海の子」再生プロジェクトから焼海苔が届きました。

震災後、復興支援の呼びかけを知り支援金を送っておいたのですが、それのお礼としての品でした。

今晩は、手巻き寿司で味わわせてもらおうと思います。

2012年1月27日 (金)

大雪から避難

Dscf0015 天気予報によりますと京都北部は大雪警報または注意報が続いています。

雪が降り始めた今週火曜日(24日)から、京都市内の自宅に避難してきています。

あの雪では、山の木を伐りに行くことも出来ないし、ログの製作~玄関先のデッキ&下屋を計画しているのですが・・・~も先に進みません。もちろん田圃も畑も雪に覆われている中で手の出しようもなし。

そこで、自宅のデッキの張替えやら、土日はテニスで体を動かそうと目論んでいます。

それにしても、京都市内も寒い!

いつもの散歩道の宝ヶ池公園も寒々としています。プラタナスの実が寒風に震えています。

2012年1月24日 (火)

種駒が届いた

Dscf0005 先日、日本きのこセンターに発注しておいた、しいたけの種駒が届きました。

今栽培している菌興115号を、1,500個と、ついでに原木に穴を開けるための8mmのストッパー付きのキリも買っておきました。

太さにもよりますが、原木1本に20~30駒打ち込むことになるので、だいたい50~60本のホダ木が出来そうです。

来年の薪用に山に入り、木を伐りに行き始めて既に6日。くぬぎを中心に、10cm前後の太さのものを選んで、既に40本ほど集めています。

3月まで乾かした後、駒を打ち込む予定です。今のホダ木が3年目になりますので、丁度引き続いての収穫に都合がよさそうです。

2012年1月23日 (月)

こんな季節に電気柵

Dscf9997 昨日曜日は、朝から村人総出(といっても、お米を作っている人だけですが)で、電気柵を張り巡らす作業を行いました。

田圃は寒々と、何も育てているものは無く、猪がやってきても、鹿が遊びに来ても、痛くも痒くもないのですが・・・。

ここ数年、獣害が増加傾向にあり、今年は田圃全体に電気柵を張り巡らし、獣の侵入を防ぐべく、京都府に補助を申請したところ、この季節に実際に設置し、写真を取り、府の担当職員が、現地において確認をした上で、補助金が下りるのだとのこと。

全長1、560m、ポール400本を立て、ステンレス線ワイヤーを5段張りました。54万円のうちの3/4が補助されるとのこと。

1月中に検査があり、それが終わるとまた撤去作業です。

以前、書面だけの補助申請にて、悪事を働く事故があったことから、このような無駄な作業をしなくてはならなくなったようですが、しかたないですかね。

2012年1月22日 (日)

地には平和を

Dscf0002 毎年、1月の第3週目あたりの恒例の行事。

京都コンサートホールにて、みやこフィルハーモニックの主催で、『地には平和を』チャリティコンサートが開催されており、いつも行っています。

阪神淡路大震災の翌年から毎年開催されているものですが、今年は特に東日本大震災を受けて、~東北そして世界の震災遺児のために~とのサブタイトルのもと、ヴェルディのレクイエムが演奏されました。

東日本大震災では約2,000人の遺児ができ、それは阪神淡路大震災の時の3倍以上だそうです。

コンサートの収益はあしなが育英会を通じて、遺児たちのもとに届けられたり、心のケアのための活動に使われます。

阪神淡路大震災から17年。その時、2-3歳だった遺児が、今回の東北にボランティアで行き、そこの遺児たちを励ましているというお話を聞き、感動しました。

2012年1月20日 (金)

しいたけ原木の引越し

Dscf9993 昨年3~4月、食べきれないほどの椎茸を収穫できた原木。

今まではログから少し離れた木の下で管理していましたが、芽が少し出始めてきたので、ログのすぐ横に場所を作り、引越しすることにしました。キッチンの窓から成長を確認し、すぐに収穫できるようにするためです。

引越しのついでに、天地返しをしたり、トンカチでホダ木をコンコン叩き、目を覚ましておきました。

まもなく、収穫が始まりますので、とても楽しみ。ちなみに品種は菌興115号という肉厚のジャンボしいたけです。

2012年1月19日 (木)

お墓

Dscf9966 私の家のお墓は、大江の家の裏山を少しあがったところ。

木にこんもりと覆われた墓地に古くからの先祖もここに葬られています。祖母以降クリスチャンなので、それ以前の仏教による戒名と、十字架が混在しているのも歴史を感じます。

一昨日は、5年前に母が召天した記念の日なので、お墓を掃除し、お花を供え、賛美歌を歌い、お祈りをしてきました。

しかし、田舎の生活は私の世代までであろうと思うと、このお墓をどうするか、先々の大きな課題です。

2012年1月16日 (月)

シューズボックス製作

Dscf9926 京都北部の寒い冬の日は、くもりかしぐれか、なかなか外作業が出来ません。

そんな折、一昨日は玄関のシューズボックスを製作しました。

テラコッタタイルで仕上げた1㎡強の三和土はいままでのっぺりとしていたので、かつて一度に17名の来客があったときは、所狭しと靴が敷き詰められていたのです。

今後も10名を越える来客を想定し、画像のようなシューズボックスを設置しました。

天板は6cm厚の檜材です。

なかなかいい感じで仕上がりました。

2012年1月14日 (土)

銀河鉄道の夜

Elmarl 私の田舎は京都北部。福知山市ですが、少し前は加佐郡大江町。舞鶴もすぐにお隣の街。

TVで知ったのですが、舞鶴にエルマールという船上プラネタリウムがあるというので、行ってきました。

マイログから車で50分ほど走れば到着します。

宮沢賢治の作品で有名な『銀河鉄道の夜』のプラネタリウム番組を放映しているということを知り、早速出かけてきました。

41yhxsxybnl__sl500_aa300_かなりのお勧めです。

プラネタリウムで見るからこそ、この映像と物語が感動の世界に私たちを引き込んでくれるのだろうと思いました。

しかも200円! 安い!!

好評に付き3月末まで舞鶴エルマールでは上映しているということなので、近隣の方は、是非是非行かれることをお勧めします。

私もまた行くつもりです。

2012年1月 9日 (月)

イノダコーヒー

Dscf9905 3連休の中日。妻と一緒に、知人の陶芸作品が出品されている美術工芸展を京都文化博物館にて鑑賞した後、三条堺町のイノダコーヒーに。

学生時代に、高田渡の「コーヒーブルース」を聞いて以来、何度か訪れてはいますが、久しぶりです。

中に入ると待ち行列が出来ていたのですが、待つこと30分。タイミング良く、メモリアルルームに通してもらいました。

Dscf9909 画像の中央にあるのは、47年前まで現役であったという、給湯器。当時のイノダの道具やらメニューやらがあり、歴史を感じさせてくれます。

Dscf9916飲んだコーヒーは「アラビアの真珠」(左)と、「コロンビアのエメラルド」(右)。

♪最後の一滴が勝負さ~♪とばかりに、1時間かけてゆっくりと飲み干してイノダを後にしました。

そうそう、お皿は空になっていますが、コーヒーが来る前にハムトーストは食べてしまいました。これも美味しい一品です。

2012年1月 4日 (水)

Make Our Gurden Grow

Dscf9890 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

三が日は、薪ストーブのお守りをしながら、テレビを見たり、本を読んだり、食べて飲んで、ゆっくりと過ごしました。そして昨日のお正月番組のNHKニューイヤーオペラコンサートを見ていたところ、「僕達は純粋でもないし、賢くもないし優秀でもない。でも出来る限りのことをやって行こう。家を建て薪を割り、そして僕らの畑を耕そう。」と、力強い歌声に聞き入ってしまいました。私の今の生活に重ねながら・・・。

オペラは全く知らないのですが、キャンディードというオペラの中の「Make Our Gurden Grow」という曲でした。

そして今日は、鈍った体を動かしにと、友達の山裾に生える木を切りに出かけました。

クヌギやら栗、他雑木と細めではありますが、来年の冬用にそろそろ集めておきたいと思っていたところでした。椎茸のホダ木にも利用させてもらう予定です。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック