フォト
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

ゆっくりと大晦日・・

Dsc_1225_99 一年の経過は本当に速いものです。

今年最後の日になってしまいましたが、大江のログでゆっくりと過ごしています。

今年は春から厳しいことが沢山あり、落ち着かない日々が続きましたが、地に足をつけ、一歩ずつ歩むことで、新しい年を迎えるとことにたどり着きました。

新しい年が私にとって、どのように展開するのか判らないですが、今までと変わらず~たぶん田舎生活中心にはなるのですが~、普段のまま、自然のまま、背伸びせず、急ぎ足にならず、一歩ずつ歩んでいきたいと思っています。

新しい年も、あいかわらず、よろしくお願いいたします。

#外気は0℃以下になっているでしょうが、ログ内は薪ストーブで快適に年を越すことが出来そうです(笑;

2011年12月29日 (木)

焚き付け用薪

Dscf9869 製材所を営む高校時代の友人が、「使う?」と、製材の端材を軽トラ2台分、くれました。

大雪でシートをかけておいたのですが、雪も止み作業可能となったので、急ぎ薪置き場を追加し、40cm長さにカットし収容しました。

薄い材は焚き付け用にし、太目のものは堅木と一緒に混ぜて薪ストーブに放り込み、吸気をグッと絞り込めば、そこそこ使い物になりそうです。

2011年12月28日 (水)

ようやく雪が止みました

Dscf9863 金曜日から昨日まで5日間、断続的に降っていた雪が雨に変わり、ようやく止みました。

一応の寒波は去った様子で、これからお正月にかけては雪も来ずに穏やかな日々になりそうです。

途中までしか車は上がる事が出来ずに、この状態。

このまま降り続いて50cm超えにもなるようなら、手前のユンボが活躍することになるのですが、そこまで降られてもこまります。

今既に、ログハウス全体は冷蔵庫の中とおんなじ状態になっているのですから。

年末にかけて外仕事は厳しいので、旧家の家の中の大掃除でもすることにします。

2011年12月26日 (月)

約30cm

Dscf9855 昨晩もずーっと降り続いていました。そして今日も引き続き・・・。

ログの周りは約30cmの積雪。

天気予報では、明日まで雪が続きそうで、50cmくらいまではいくかなと思います。

しかし、ログの屋根は7寸勾配と薪ストーブによる内部からの暖かさで雪が積もる状態にはならず。。夜寝ている時も、ササッサー・・・と雪が滑る落ちる音が絶えず聞こえています。

そのササッサー・・・という音に”はな”が恐怖を感じるのでしょうか。そのたびに足をぶるぶる震わせています。なんという怖がりの犬でしょうか(笑;

外では積もった雪野原を喜んで走り回っているくせに。

2011年12月25日 (日)

メリークリスマス

Dscf9844 しんしんと雪が降る中、シャンパンを手にログ友達が訪ねてくれました。

それで、ピザパーティをしようということで、薪ストーブにスキレットを入れて5枚もピザを焼いてしまいました。そこでシャンパンで早速乾杯しようと、外に出て雪の中にボトルを突っ込み自然冷蔵することに!

薪ストーブでのピザ焼きは温度管理が難しく、今回も最初は底面が黒こげ、次は・・・、そして4枚目にBESTな焼け加減となり美味しく頂きました。

Dscf9849外ではどんどん雪が強く降るようになり、まだ明るいうちにということで、 4時頃に解散となりましたが、私のログ作りの原点の仲間でもあり、楽しい時を過ごせたことは感謝です。

2011年12月24日 (土)

ホワイトクリスマスに。。

Dscf9828 天気予報どおりでした。

昨日の明け方から雪が降り始め、今朝は画像のように目の前が真っ白になりました。

田起しした上に雪が積もり、コンバインで撒き散らした稲藁がこの雪で分解し、土中の害虫もやられます。

玉葱畑やえんどう豆、ソラマメ、エシャロットなどなどの畑もすっぽりと雪に覆われ、じっと耐え、甘みを増していきます。

明日はクリスマス。真っ白な世界で、ホワイトクリスマスを祝うことになります。

2011年12月22日 (木)

玉葱の追肥

Dscf9824 玉葱畑では、11月5日に定植して、玉葱が少しは成長してきました。

植えてまもなくはカラスがここに降りてきて、くちばしで悪戯をしてせっかく植えた苗をポイポイ抜くもので、後を追い、植え直したりの繰り返しでした。

そして今日は第1回目の追肥。

明日からクリスマス寒波がやってくるという天気予報なので、京都北部はまちがいなく雪になるでしょう。

そうすると、肥料をあげることもできないので、今日はマルチ穴に茂る草を取り去り、肥料(リンカアン15号)を施しておきました。

後、2月と3月にも追肥しますが、6月までの収穫まで、まだまだ先です。

ゆっくりと育てようと思います。

2011年12月13日 (火)

雪が来る前に

Dscf9812 益々、寒さが強くなり、冬支度を急ぐ日々です。

春に、薪置き場を作ったものの、屋根はそのうちと思いつつ、ブルーシートを掛けたままにしていました。

しかし、空模様がまもなく雪を運んで来そうになったので、急ぎ屋根をつけてあげました。

今まで骨組みだけでしたので、桟を付け野地板を張った上から、ポリカの波板で覆いました。

これで雪が来ても、安心して薪を保護しログ内に持ち込むことが出来るとひと安心です。

ちなみに画像の薪を一冬で消費します。11月20日頃から焚き始めたので既に少しはなくなっていますが、今冬は持ち応えそうです。安心して薪ストーブライフを楽しめます。

2011年12月11日 (日)

万願寺の片付け

Dscf9788 今年も夏から秋に沢山の収穫が出来、知人や一部はミシュラン三ツ星のお店にも出荷した万願寺とうがらし。

雪が来るのを前に、畑から片付けをしました。

真っ赤に色づいた万願寺の一部を取りおき、千切りにして乾かし、昆布とゆずとを一緒に炒めて佃煮風にすることにしました。

これが、熱燗のつまみに合うのです!

それと、来年に向けて種子採りすることに。

2011年12月 9日 (金)

いつもの大根漬け

Dscf9770 今日の天気予報では最高気温5℃、最低気温1℃、夜前には雨がみぞれにかわるとのこと。

いよいよ、本格的な冬が到来しました。

冬の野菜といえば大根。

おでんをしたり、鍋の薬味に使ったりして、美味しいのですが、そうそうたくさん食べられるものではありません。

そこで、いつものように、大根の漬物をはじめました。

Dscf9777

4本で5kg。まずは仮漬けなので、あら塩をすり込んで、重しをして10日ほど、せいがあがるのを待ちます。

その後、ゆずや鷹のつめをまぶして砂糖と酢を流し込んで2-3週間程度本漬けに。

お正月頃には食べ頃になる予定です。

2011年12月 7日 (水)

桜切るバカ、梅切らぬバカ

Dscf9754 ずーっとずっと、気になっていたのに、そのままにしていたこと。

マイログの建設地の片隅に、昔々から生きてきた梅の木が三本あるのですが、数十年の間、雑木林化した結果、ひこばえ、立ち枝、垂れ枝、車枝、交差枝・・などなど好き放題に伸びまくっていました。

その結果、画像のように鬱蒼とお化け状態になり、電線にまで絡んでいました。

梅の剪定は、収穫後の夏と冬とのことでしたが、夏は農作業等忙しくもあったので冬に計画していました。

そして本日、思いっきりチェーンソーでバッサリと切り込みました。

Dscf9766 サッパリ!

これで日当りも良くなり、来年以降の梅の収穫が楽しみです。

2011年12月 1日 (木)

夢丸1月号

Yumemaru85_2 12月になり、急に寒くなってきました。今年も残すは1ヶ月になり、いつもながらではありますが、1年の過ぎ行く速さを身に染みて感じています。

10月21日のブログでご報告の通り、『夢の丸太小屋に暮らす』誌の1月号が、昨日発売されました。本屋さんで立ち読みでもしてください。

今回は、巻頭グラフ「男の自由時間を楽しむ」と題して、ログハウス作りを中心に農のこと、田舎での生活のことを2日がかりで取材してもらった内容になっています。

このような生活に取り組むようになって4年半。ほぼ計画通り、想定通りの形になってきましたが、まだまだやりたい事は多くあり、引き続き励んでいきたいと思っています。

こんな生活、こんなログハウス、こんな田舎ですが、是非、立ち寄ってください。美味しいお酒でおもてなししたいと思います。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック