フォト
無料ブログはココログ

« ランタン購入 | トップページ | デッキ&バルコニー製作開始・その9 »

2011年6月20日 (月)

リビングダイニングテーブルの製作

Dscn7125冬場は部屋の真ん中に掘り炬燵があり、くつろぐ空間になっていましたが、5月には直してしまいましたので、部屋の中がだだっ広い空間になっていました。

春から秋にかけては、そこにダイニングテーブルを置こうと思っていました。10人単位の来客がこの前は京都のテニス仲間、そして7月のはじめには大阪のテニス仲間がやって来ます。皆でワイワイ食事をする場所作りも必要なので、検討の結果画像のように40mm厚×35cm幅×3m長の檜の板を2枚並べて、脚にはぶっとい丸太を50cm高さに加工して、その上に置くこととしました。すぐ解体できる仕様です。
そうすることで、冬場の掘り炬燵の季節には、天板をはずして直しておけばまたくつろぎの場が出来上がります。

私の持っているプレーナでは、25cm幅までしか通せないので、友達の製材所にもって行き、カンナがけしてもらいました。
所々に虫の穴があるので、それを埋めたり、ニスを塗ったりと、まだ仕上げはこれからですが、とりあえず部屋に置きました。

これで、10人規模の来客があっても宴会が出来る環境が出来ました。このままデッキに持ち出してもいいし!

« ランタン購入 | トップページ | デッキ&バルコニー製作開始・その9 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/40475038

この記事へのトラックバック一覧です: リビングダイニングテーブルの製作:

« ランタン購入 | トップページ | デッキ&バルコニー製作開始・その9 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック