フォト
無料ブログはココログ

« 薪ストーブの煙突の囲い | トップページ | 野焼き »

2011年3月 6日 (日)

棟換気システム施工

Dscn6260軒先は今まで垂木がむき出しで野地板も見え、屋根裏の断熱材の端も見える状態でした。

ログハウスを長持ちさせる為に屋根裏に通風を行い湿気を防ぐこと、そしてロフト空間を夏は涼しく、冬は暖かくする為には、換気が欠かせません。
Photo  屋根瓦の施工時に棟に4箇所換気口を設けておきましたので、この図のように計画していました。

そこで、この数日ですが、まずは鼻隠しに沿って換気口を取り付けました。JOTOの軒天換気材(FV-12)です。

そして、いつものように檜の荒材を相じゃくり加工して張っていきました。
Dscn6276 玄関側が7割程度完了です。
暖かくなるまでに完了しておかないと、蜂などが屋根の内側に巣をつくりかねませんが、完成すれば安心です。

« 薪ストーブの煙突の囲い | トップページ | 野焼き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/39122987

この記事へのトラックバック一覧です: 棟換気システム施工:

« 薪ストーブの煙突の囲い | トップページ | 野焼き »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック