フォト
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

じゃがいもの植え付け

Dscn6408昨年も寒い春で3月31日にじゃがいもを植えつけていました。今年も同じ日になってしまいました。

左がキタアカリで、右がアンデスです。30-40gに種芋をカットし、夫々30個程度の数になりました。

いつもとちがうことは、今年は薪ストーブの灰受け皿から樫の木の灰をカットした種芋の切り口にまぶしたことです。

さて、出来栄えはどうなりますことでしょう?

通常に収穫できれば、我が家の1年分のじゃがいもが賄えます。何人か希望者は予約してくれているのでお分けしています。(有料ですが)
我が家では、年中ほぼ自給のポテトサラダ(じゃがいもと玉葱ときゅうりは自給でハムのみ購入)を食しています。

2011年3月30日 (水)

原木椎茸

Dscn64012年前に山からほだ木を運び出し、椎茸菌を植菌しました。

半日陰の梅の木と桃の木の下で2年間待ち続けましたが、この数日の暖かさに椎茸がムクムクと出始めてきました。

スーパーの椎茸(菌床)と違い、原木椎茸は肉厚でジューシーで香りもあり、とても美味しいのです。

これから暫くの間、この味を楽しめます。

一度に収穫できるのではなく、もう少しゆっくりと順番に顔出してくれたらいいのですが・・・

2011年3月29日 (火)

やっと、春到来・・か?

Dscn63831昨日は、とっても暖かい一日でした・・・(夕方からはまた寒くなりましたが・・)。

今年から、お米を約2倍の面積作ることにしています。マイ田圃2反(2,000㎡)に加え、誰も作る人がいなくなった1.7反(1,700㎡)を私が対応することにしました。

その田圃は手が加えられなくなって2年なので、草ボウボウでどうしたものかと思っていましたが、2週間ほど前に野焼きをして、そして昨日トラクターで田起しをしました。

ずっと気になっていたので、これで4月から始まる田植えの準備の前段階が完了しました。

いつも私のお米を食べてくださっている方もそうでない方も、是非是非沢山食べてください。

9月に収穫できるお米(たぶん2トン近くの収穫になります)、仮予約の受付も開始します。

よろしく!

2011年3月28日 (月)

スモーク缶

Dscn63771 震災直後、大学時代の友人が、mont-bellの救援活動に賛同し、所有するアウトドア用品を被災地に送るために道具を整理していたところ、スモーク缶が出てきたので、「要る?」・・・とメールがありました。

「頂戴!」っていうことで、我が家に届きました。ありがとうございます。

ルアーの道具に続き、スモーク缶が届くということは段取りが良すぎますねえ。

釣り上げたスズキの燻製を楽しみなさいということか!

次は美味しいお酒などが届くと益々その気になってきます(笑;

2011年3月27日 (日)

ルアーの道具

Dscn63621 農大で席を一緒にした仲間が、マイログを何度か訪れて来てくれ、ログから由良川を眺めながら、「由良川ではスズキが釣れるよ。桜鱒、五月鱒も夢ではない・・」と言い、「今度竿を持ってきてあげるよ」とも言っていました。

そして先日、画像のようなルアーの道具一式を持ってきてくれました。

恥ずかしながら、私はまったく釣りには疎く、子供の頃、竹竿とミミズで川に糸を垂れ、ギギかフナを釣った記憶しかありません。ましてやルアーフィッシングは言葉を知っているのみの状況でした。

折角なので、その知人に楽しみ方を実地指導してと頼み、ログから100m余りの近くを流れる由良川で、ルアーを投げ込む練習をしました。

朝方、夕方、曇った日、秋口がいいという話なので、これから時々、川に出かけようかと思っています。

2011年3月25日 (金)

桃の枝の剪定

Dscn63691 まだ春はもう少し先のようですが、桃の木に蕾がつきはじめました。

毎年、気になりつつも伸びるままに放置していたので、どんどん背が高くなり、桃が実をつけても対応できませんでした。

そこで、今年はと思い、高く伸びた主枝をバッサリと切ってあげました。

剪定は奥が深く、枝ぶりを見ながら仕立てていかねばならず、その知識はこれからということで、今回は高所を取り去ったのみです。

今年は桃の実を摘果し、袋がけもし、収穫まで気をくばろうかと思います。最大の敵は猿です。難しい問題です・・・。

3cm径ほどの枝は適切な長さに切り、屋根の下に保管しておきました。薪ストーブで燃やすと、桃の木はどんなことになるかと楽しみです。

後方には紅梅が花をつけ始めましたし、下では椎茸が顔を出し始めています。

そろそろ農作業に忙しくなる季節です。昨年は、寒い春先、長雨、猛暑、それに獣害とさんざんな目に合いましたので、今年は気合を入れてお米は倍の面積、野菜はいつも以上にチャレンジするつもりです。楽しみです。

2011年3月22日 (火)

軒天張り

Dscn6359今日はわりと穏やかな一日でした。
檜の荒材(12mm厚×105mm幅×2,000mm長)が残り15枚ほどになりましたが、一部の軒天を張ることとしました。
いつものように、プレーナで表面を整え、溝キリカンナで相じゃくり加工し、一枚づつスクリュー釘で張っていきました。

破風板には事前に12mm厚みの板がはめ込められるよう溝を切ってあるので、作業はそこに入れてスムーズに進みましたが、煙突を支える為の丸太の柱に合わせて曲面を加工するのに時間がかかりました。

本日1/4程度しか仕上げられませんでしたが、材料を新たに発注してからの継続になるので、この先は後回しになりそうです。

夕方から、大風と寒気がまたやってきました。明日は寒そうです。

2011年3月15日 (火)

京都北部は、のどかな日々のままですが・・・

3月11日に発生しました、東北地方太平洋沖地震で被害にあわれた方に対して、心からお見舞い申し上げます。
亡くなられた方、家族を亡くされた方、愛する人を亡くされた方・・・全ての方に心よりお悔やみを申し上げます。
そして今もなお救助を待たれている方、なんとか気持ちを強め希望を持ち続けて欲しいと思います。
避難所で耐えられている方も、希望の火を灯し続けて頑張ってください。

ここ数日、京都北部はのどこかな日々が続いてはいますが、TVからは見るのも聞くのも辛くなる報道が繰り返し流されており、私にも何か少しでも役に立てることはないかと思っています。

そこに原発問題が大きな影を落としてきており、全ての日本人がこのことを直視し、まず今のこの時を乗り切ることを冷静に真剣に考えること、そしていつになるかわかりませんが少し落ち着いた時に、これから先の私達の生きる環境に何が必要かを話し合うことが必要だと、漠然とではありますが思っています。

Dscn6343 といってTVで報道を見ていても始まらないのでこの2日間は来年に向けての薪の確保に励んでいました。

近所の山の皆伐の際、広葉樹は不要とのことで、私が頂く約束をしていたことから、1年分はいけるかと思える量の薪材を手に入れました。

樫は薪の王様。これから薪作りが大変ですが、スローライフの極み、薪割りをすすめます。

2011年3月10日 (木)

棟換気システム仕上がり

Dscn6308結構時間がかかりました。延べ6日です。

破風板に、前もって溝を切ってあり、軒までせり出した桁は垂木の角度に合わせて板厚分だけスペースを確保していたのですが、さすがにこのスペースはきっちりと合っていませんでした。

そこをあわせたりするのに時間がかかったことと、脚立に上がり上向きに釘を一本一本打つのに苦労しました。

しかし、まあまあいい仕上がりになりました。

2011年3月 9日 (水)

野焼き

Dscn6285毎年、農業は野焼きから始まります。

この前の日曜日、地区の野焼き作業があり、各戸から総出で、消防団の立会いのもと実施しました。

天候がこのところ、あまり良くない状況でしたがこの先も期待できないとのことで強行となりました。

いつものように、青竹の節を抜いて、そこにウエース(使い古した布)を詰め、灯油を注ぐと、一旦火をつけると1時間以上燃え続けます。

河川敷や田圃の畦の枯れ草を焼いて廻りました。
害虫などの駆除が少しは出来ることでしょう。

さあ、春がやってきます。・・・・しかし、今日の夕方、はなと散歩していると、雪が降り始めました。・・・・・

2011年3月 6日 (日)

棟換気システム施工

Dscn6260軒先は今まで垂木がむき出しで野地板も見え、屋根裏の断熱材の端も見える状態でした。

ログハウスを長持ちさせる為に屋根裏に通風を行い湿気を防ぐこと、そしてロフト空間を夏は涼しく、冬は暖かくする為には、換気が欠かせません。
Photo  屋根瓦の施工時に棟に4箇所換気口を設けておきましたので、この図のように計画していました。

そこで、この数日ですが、まずは鼻隠しに沿って換気口を取り付けました。JOTOの軒天換気材(FV-12)です。

そして、いつものように檜の荒材を相じゃくり加工して張っていきました。
Dscn6276 玄関側が7割程度完了です。
暖かくなるまでに完了しておかないと、蜂などが屋根の内側に巣をつくりかねませんが、完成すれば安心です。

2011年3月 4日 (金)

薪ストーブの煙突の囲い

Dscn6248ロフトには、煙突が薪ストーブから妻壁に出るまでの道を確保する為、1m四方の広さの穴が空けてあります。

開口部をどのように処理するか、検討していたのですが優先度はあまり高くありませんでした。
しかしそろそろ来客も増え、宿泊してもらうにはロフトになります。(昨日の来客は日帰りでしたが・・)

ということで、一昨日、囲いを設けました。檜の丸太を二本立てて、またまた枝を活用して画像のように仕上げました。

これでロフトでゆっくり休んでもらうことができそうです。

2011年3月 3日 (木)

3月の雪

Dscn62542月末から暖かくなり始め、ログの周りの雪も漸く無くなり、そろそろ外仕事が出来ると思っていたのに、昨晩からまた雪が降り始め、ご覧のように朝は一面真白!

朝6時半のいつもの由良川沿いの農道の散歩風景ですが、”はな”は大喜び。走り回っていました。

今日は、京都からの知人の訪問を受けるので、作業は取りやめ、薪ストーブの火力をいつもより上げ、お昼にはピザを食べられるよう、今から準備することにします。

2011年3月 1日 (火)

階段の手すり製作

Dscn6235とり置いた檜の枝が大活躍です。

今回は、階段の手すりに使ってみました。

ブラケット(金具)はホームセンターで1個400円程度で購入しましたが、手すり本体(丸棒)は4,000円以上です。
せっかく檜の枝があることだし、そちらのほうが味も出ると思い、活用してみました。(ということは、タダ!です)

檜の枝は、台所で使う金属タワシでゴシゴシこすると、とっても綺麗に磨き上げられます。
取り付けた後、確認しましたが、手触りは優しい丸みを感じました。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック