フォト
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月26日 (土)

キッチン収納引出しの製作

Dscn62081 吊戸棚の次はキッチンの収納引出しの製作です。

昨年9月に業務用厨房機器メーカーのタニコーさんよりフレームキッチンを納入してもらっていました。

大手のメーカーからシステムキッチンを購入しようかと思っていたところ、娘から「折角ログハウスを一から作っているのに、そんなん似合わへんわ!」とダメダシされたこともあり、その意見に従うことに・・・。

画像のようにシンク・調理台・IH枠を一体に2400mm巾×890mm高×650奥行でSUS316の材質で脚はむき出しで製作してもらいました。

それでも大手のシステムキッチンより割高だったのですが、水道屋さん曰く、「これはしっかりしてるは!熱湯をシンクに流しても『ボッコンッ・・』と言わへんで!」とのこと。

どんな収納にするか、参考になるもので検討していたのですが、引き出しで対応することにしました。

苦労したのはスライドレールの取り付けです。

Dscn62051キッチンの脚もステンレスなので、これにM5のビス穴を正確な位置に開ける事でした。厚みもかなりあるので、硬くてインパクトにも力が入りました。

Dscn62161_2

引出し本体は合板(一応F☆☆☆☆です)とし、前面に檜材を加工、取っ手も檜の枝をあしらいました。

表面はメープル色のニスで化粧してあげました。前回作った吊戸棚とこの引出しで収納がほぼ出来るようになりました。

Dscn62211

2011年2月23日 (水)

吊戸棚の製作・2

Dscn6185今日は春かと思うほど暖かい一日でした。焚き火も不要です。

一気に吊戸棚を仕上げました。

4ブロックに分けた吊戸棚に2箇所扉をつけて、他はオープンにすることに。

ポイントは扉に使うスライド蝶番でした。これを使うのは初めて。
internetでいろいろ調べて、結果「全かぶせ」「35mmカップ」「キャッチ付き」のものを採用。
購入品の施工手順を見ながら対応しました。

蝶番の取り付けは、今まで玄関ドアをはじめ、窓やらで沢山使いましたが、大変神経を使うものでしたが、このスライド蝶番は優れものです。
Dscn6173 側板と扉に取り付け位置をマークして蝶番を取り付けた後、扉を固定するのですが、ピッタリとあうことは至難の業ですが、このスライド蝶番は前後・左右・上下に微調整が取り付け後に可能なのです。

そしてキャッチ付きでは、扉を閉めるときあるところまで締めるとバネが働き、パチっとしまってくれるのです。

扉をつけないオープンのところには、ちょっとイーグルプレート(?)っぽく飾りを付けてみました。

2011年2月22日 (火)

吊戸棚の製作・1

Dscn61721キッチン周りは、楽しみにしていた作業が沢山あります。

タイルは貼り終えましたが、まだ目地は入れていません。タニコーさんから搬入してもらったフレームキッチンに引き出しなどを取り付けて全てが固定できてから目地を入れ、キッチンとの間もコーキングする予定にしています。

キッチン下の引き出し作りも楽しみです。

それから吊戸棚も自作で対応することにしており、この前からその製作に入っています。

通常は全てを組み立ててから取り付けるのでしょうが、なにせ一人作業。

そこで手順を、①フレームを作りそれを壁に固定、②上下左右の囲いを取り付ける、③扉を取り付ける・・・ということにしました。

画像は②まで終了した状態。次に扉を取り付ければ一応の完成となります。

2011年2月18日 (金)

気がつけば10万HIT

10ブログはじめて、4年弱。

昨日アクセスカウンターを見たら、10万を越えていました。

ログハウス作りの為の皮むきを始めて3年半で、一応の形ができあがり、住むに十分の空間が出来ました。ブログを見直すと、よくここまで出来たなあとも思ってしまいます。

お米作りも4回経験しました。周りのお百姓さんの様子を見ながらの行動でまずまずの成果を上げることが出来ました。

野菜作りも今年が5年目になります。天候に左右され、猪や猿に好き放題されたりで、時にさっぱりの事もありました。

ま、いろいろ経験し、更に充実させていきたいと思っています。

2011年2月17日 (木)

玉葱の管理

Dscn6158年末から数日前まで1ヶ月以上雪に覆われていましたが、ここ数日で見る見る雪が解け、寒さいに耐えていた玉葱が少しずつ立ち始めました。

昨日は、ポカポカ陽気で、畑にいると暖かな陽射しが心地よかったです。

2回目の追肥(チッソとカリ)を行い、雑草を取り除いておきました。

約600個の玉葱なので、我が家の1年分と、予約を受けている知人にお届けする予定です。

3月に3回目の追肥、時折の除草を行い、5-6月には収穫となります。

2011年2月16日 (水)

春もすぐそこに・・

Dscn61471降り続いた雪もようやくおさまり、少しずつ雪が解け始めてきました。

昨日裏の畑の周りを歩いてみると、雪の合間から”ふきのとう”が芽を出していました。
40-50cm近く積もった雪の下で健気にも芽を出しすこしずつ成長していました。

いつもこの季節、”ふきのとう”を摘むのが楽しみです。

Dscn61411 味噌和えにしました。炊き立てのご飯に春のほろ苦さが格別です。

2011年2月13日 (日)

またまたまた雪・・

Dscn61271昨晩は高校時代の仲間がマイログに集まってくれてお酒を酌み交わし遅くまで会話に花を咲かせました。気がついたら明け方の4時・・・・。

しかし朝は”はな”がいつものように6時には起す為に顔をなめにきます。

で、外を見ると、またまたまた雪snow

はなは雪が大好き。ノーリードで雪の農道を走り回っていました。

Dscn61351 散歩から帰ると7時。マイログでは仲間がまだ深い眠りについていました。

2011年2月10日 (木)

Bar~優游~ 本日開店です

Dscn61131先週、カウンターテーブルが出来上がり、そして本日椅子を作りレイアウトしました。

LOHASな生活を志向していますので、おつまみは出来るだけ畑から収穫したものを使いたいと思います。

冬場は薪ストーブに暖まりながら、大根の漬物をあてに焼酎のお湯割りを傾ける・・・、

春は梅の花を愛でながら菜の花のお浸しを肴にバーボンをロックで・・・、

夏は全ての窓を全開にし、青々とした田圃を見ながらキューリをかじりながら生ビールで乾杯・・・、

そして秋は収穫を感謝し、米粉でピザを焼いてワインで乾杯・・・。

いかがですか?

2011年2月 9日 (水)

竹払い

Dscn6054昨年の春からず~っと気になっていたこと。

うちの山は今まで親が丁寧に管理してくれていました。そしてそれを引き継ぎ一昨年までは必ず山に入って侵入した竹を払っていたのですが、昨年は熊の出没やらの注意報が出ていたのでそのままにしていました。
うちの山の両隣はほったらかしになっているので、竹が生え放題・・・そしてそれが我が山にも侵入してきているのです。

そこで昨日、2時間ほど山に入り念願の竹を払ってやりました。

実は長女が先日結婚し、そしてその相手が山の仕事をしているレゲエのドラマーなのです。吉野の山の杉檜の管理をしながら、時にコンサート活動も行っているという面白いプロフィールの持ち主です。

私はたぶん死ぬまで山の手入れは一人でやるしかないと思っていたのですが、昨日はその娘婿と一緒に上がり、交代しながらチェーンソーを廻しました。こんな嬉しいことはないですね。一緒に山の手入れをすると、苦労はほとんどなく、楽しいくらいです。

昨日は一部の竹しか払えなかったので、次の機会にまた一緒に残りの竹を払い、下草刈りをし、さらに間伐を行い、立派な木を育てたいと思います。楽しみです。

2011年2月 2日 (水)

カウンターテーブル製作・その1

Dscn6045昨日から、カウンターテーブルの製作に着手しました。

1700mm(長)×700mm(幅)×1000mm(高)を予定しています。

脚はログハウス作りで残った檜を950mmに玉切りし、2箇所の面を出しました。
そして、30mm×80mmのホゾ穴を作っています。

幕板は階段製作の時に残しておいた30mm厚の檜を80mm幅に切り出しました。

固定はL型金具で行いました。

Dscn60461 そして天板は60mm厚の檜!!
存在感があります。

メープル色のニスを塗ってみました。

明日は、これに棚を作ったり、周りを囲って仕上げたいと思っています。

2011年2月 1日 (火)

水道凍結!

Dscn6032我がログハウスの上水道は、まだこんな状態(トホホっ・・

昨年11月に入居したのに未だに水道は仮設のまんま。
外気にむき出しの上、20mほどのむき出し状態の管はほとんどが積もりに積もった雪の下で、この寒波で氷状態の雪の下になっているわけですから、水道管の中も凍って当然です。

居る時は夜も水をちょろちょろ出し続けていますが、京都に帰るときは2-3日不在になりますので、全て止めてしまいます。

昨日の出来事。
京都から帰ってきたら水が出ない! 14時頃だったので大丈夫かと思ったのですが、大寒波の中で氷も溶けていません。

水道管は屋根から落ちた雪の下では1m近く下に埋まっていましたが、いたしかたなくスコップで雪を除けて水道管を出し、お湯をかけてようやく蛇口から水が出ることになりました。
その後、薪ストーブの灰を捨てたり薪を運び込んだり、ストーブに火をつけたり、他雑用をしてちょっと一息。17時半を過ぎ薄暗くなってきたのでお湯を沸かそうかと蛇口をひねると、また水が出ない!! ちょっと油断しました。すぐに裸の水道管のところに行き、ここと思えるところにお湯を再度かけて復旧しました。

水道屋の友達に電話すると、市の検査は順番待ちで、つついてもなかなかねえ・・・とのこと。
しかし、もう2ヶ月になるんですけど!!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック