フォト
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

またまた雪・・

Dscn5875昨晩から雪がまた降り始めましたが、夜じゅう、ずっと降っていた様子です。

朝目が覚めて外を見ると、まだ降り続いています。

測ってみたところ新雪で25cm、家の周りは積もりに積もって50-100cmにもなっています。

そのうちデッキ&ベランダになるところは未だにブルーシートの庇ですが、今年の雪の重さで2回も潰れてしまっています。この後早速雪を下ろしておきました。

そのブルーシートの下で毎日雪を見ながら加工作業をし、・・・

Dscn5854 今は、階段下の収納スペースを作っています。

2011年1月25日 (火)

今日は棚作り

Dscn5850相変わらず、外は雪が降っています。今後、また大寒波が来るとの予報ですが、どうなりますやら・・・

そんななか、今日は棚などを据えました。

トイレのスペースを少し押さえて窪みを作り(棚のむこうはトイレなのです)、そこを棚にすると便利だという考えで柱を立てる段階で予定していたものです。

材料は全て端材。ロフト床の残りの杉材、柱用に伐り出した檜の元材を板に引いたものなどで作りました。

レーザー墨出し器が重宝しています。

そして、棚が出来上がれば、ついつい・・・といいますか、早速ですが、とりあえず手元にあるボトルなど酒類を置いてみたくなりました。
ん~、いい感じでアルコール棚になっていきそうです。
是非是非、これを見てマイログハウスにお越しの際は、ここを埋められるように差し入れの程よろしくお願いします。
ちなみに、下の段は42cm高さにしてあり、一升瓶も置けるようにしてあります。

よろしく!!

2011年1月24日 (月)

震災を風化させないために・・・

Dscn5845昨日は、京都コンサートホールにて「みやこフィルハーモニック チャリティコンサート」に行ってきました。
1月17日は16年前に阪神・淡路大震災の発生した日。毎年、これを風化させないようにしようとみやこフィルハーモニックによるコンサート「地には平和を」が行われており、この収益金が「あしなが育英会」に寄付されています。世界の遺児に少しでも役立てばとの思いで運営されているそうです。

いい音楽を聴いて、そのことでまた少しでも遺児達の心のケアに役立つのであればこんなハッピーなことはありません。

いつもは夜のコンサートなのですが今年は14:30開演のせいなのか(?)、空席が少し目立ちました。
もっとこのことのPRが強まり、満席になればよりいいのにと思いました。

最後には、オーケストラの演奏に合わせて、合唱団と主に観客全員立ち上がり、ヘンデルのメサイアを大合唱して終了しました。

2011年1月20日 (木)

重機パーフェクトマニュアル

Jyukiブログにて3年半、ログハウスの製作状況を書き綴ってきましたが、なんといってもユンボの活躍が大きく貢献してくれました。

ログ地の開墾と整地、丸太の運搬、長尺物の丸太の吊り上げ・・・人力では不可能な作業をユンボがあれば難なくこなしてくれました。

そんな経緯を採りあげたいということで、11月に取材のライターさんとカメラマンさんが東京からはるばる京都大江までやってきました。
そして本日発売の日となりました。

画像は、表紙の写真です。書店で見つけて立ち読みでもしてみてください。
26~29頁に載っています。

2011年1月19日 (水)

階段、作りました

Dscn5805今日は曇りの予報でしたが、時々はちらほらと雪が舞う一日でした。
我がログサイトはこの季節、陽がささないので年末から先日までに積もった雪は全く消える雰囲気はありません。

本日は朝から、その雪に囲まれながら、「冷蔵庫の中と一緒やなぁ・・・」と思いつつ、実はそれ以下、冷凍庫に近い状態ではないかという中、階段の親板加工から始めました。

画像は、親板の溝堀をルーターと階段定規を使って行っているところです。

ルーター・・・って言うと、長い間、internetビジネスでお世話になったものでしたが、今は木工機械のルーターが我が作業の相棒です。
それから、階段定規・・・これもなかなか便利なツールです。
昨日までにマークしておいた階段の子を差し込む箇所をいっきに削り取りました。(溝キリカンナのほうがパワーがあったので、実際には、大まかに溝キリカンナで削り取った上で、仕上げに階段定規をあてがってルーターで削りました)

Dscn5822 そして夕方までに、このように階段を設置することが出来ました。

これで、こわごわと梯子でロフトまで上がり降りすることはなくなりました。

2011年1月18日 (火)

階段の製作開始

Dscn5788さあ、今週からはいよいよ階段の製作開始です。

昨年の秋に持ち帰った檜を友人の製材所にて40mm厚に製材してもらい乾かしてもらっていましたので、本日はそれを引き取りに行きました。

・・・といってもログの周りは今日も雪だらけ。時折、まだまだと言わんばかりに雪が落ちてきます。
ジムニーではこの深い雪も難なく上がってきましたが、軽トラでは腹がつかえて先に進まないのでまずは雪かきからのスタートとなりました(汗;;;。

階段の親板は250mm幅×40mm厚×4200mm長、子は270mm幅×40mm厚。

本日の作業は、持ち帰ったものをプレーナで削り、子は680mm長を13枚とり、親もプレーナで削った後、溝の掘り込み位置をマークしました。

2011年1月17日 (月)

雪の話題が多いこの頃・・

Dscn5745昨晩は特に雪が多く降ったように思います。

今朝も宝が池公園を”はな”と散歩しましたが、10cmは積もっています。8時頃でしたが、老人がひとり、雪景色をカメラに収めておられただけで他には誰もいません。リードを放して、自由に遊ばせましたが、雪が大好きな”はな”は、しきりに走り回っていました。

そして午後、大江に帰ってきたのですが、驚きです。残っていた雪の上に積もったこともあり、深いところは50cmにも達していました。
Dscn5773 ログテーブルの上に積もった雪も、こんなにこんもり!

車を降りるや、”はな”はまた雪の中を走り回れると勇んで走りまわろ・・・・っっとしたのですが、・・・さすがに50cmの深さでは飛び跳ねてもなかなか走れません。
なんだか不安になった様子で、しっぽをまいていました。

2011年1月14日 (金)

階段の準備

Dscn5732一日雪が降るのを横目で見ながら、階段の上がり口を仕上げました。

開口部が狭いのですが、ロフトのスペースをとるか、階段の緩やかな傾斜をとるかの二者択一でした。
ロフトのスペースに軍配が上がったため、本来なら45度は欲しい階段の傾斜は40度近くになります。

いよいよ来週からは階段作りにとりかかります。

2011年1月13日 (木)

ずっと雪です・・

Dscn5706昨日の夕方からまた雪が降り始め、今朝も降り続いています。
天気予報では、福知山はこれから1週間、毎日雪マークが出ていますので、やはり今年は全国的に大雪の年なのだとあらためて実感。

Dscn5712 そんな天候の中、ログ作りは主に屋内作業。
目下、ロフトのあがったところの手すりを作ったり、腰壁を張ったりしています。
まだ階段がないので、梯子がかかっていますが、まもなく階段作りに着手する予定です。

2011年1月10日 (月)

2011年成人の日

Dscn5701 今朝は京都で眼を覚ましました。こちらも京都市内・宝ヶ池近辺は白い世界です。家の近くの椿の道から宝ヶ池公園あたりが”はな”との散歩道ですが、雪を踏みしめ踏みしめの散歩となりました。

午前中に大江に移動しますが、あちらは吹雪いているかもしれません。

身の引き締まる成人の日、今年”はな”は10歳になります。ラブラドールの10歳は人間で言えば還暦か喜寿か?・・・ってところですが、見たところ5-6歳にしか見えない若さを保っています。雪が大好きで走り回る朝でした。

2011年1月 7日 (金)

今日も雪・・

Dscn5689 昨日に続き、今日も雪が降り続きます。

お正月に積もった雪が解けない上に降り積もってきたので、深いところで30cm位にはなっているでしょうか?

本来デッキ&ベランダになる所は、まだ足場とブルーシートが残っています。

それにこの雪だと基礎も打てないので、3月以降にならないとこの作業は出来ません。

そしてその頃になると田圃の仕事や畑の野菜作りも始まりますので、完成はまだまだ先の話ですね。

ということで、本日は玄関ドアの「戸あたり」やら「ドアクローザー」を取り付けたりしました。

2011年1月 6日 (木)

外は大雪、内は泥遊び?

Dscn5657今朝は朝からかなりの雪が降っています。午後からはより激しくなってきました。
時々、ザザザザッ・・という音と共に、薄っすらと積もった雪が屋根を滑っていきます。7寸勾配の瓦屋根のログハウス、雪止めはわざと設けませんでしたが、良かったみたいです。
実家の家の屋根は真白に雪が積もって見えますが、マイログの屋根は雪が勝手に滑り落ちてくれています。

そんな音を聞きながら、本日はやりかけであったキッチンのタイル貼りの続きを行いました。
下地のボンドを溶液で溶かしてこねていると、小さい頃に泥で団子を作って遊んだ記憶が蘇りました。
前回に引き続き、殆どのタイルを貼り終えました。
Dscn5673 なかなかシックで落ち着いた雰囲気になりました。
十分に乾かした後、来週には目地を入れて完成になります。

2011年1月 5日 (水)

ロフトの手すり

Dscn5616昨日のタイル貼りは明日の楽しみに廻して、本日は都合でロフトの手すり(正確には手すり子)の製作をしました。これも楽しみにしていた作業の工程です。

ロフトは今、薪ストーブでポカポカsign01で、洗濯物干し場となっていますが、そのうち泊まりのお客様が来れば、ロフトでくつろいでもらう事となります。手すりは束を建てるときにホゾにより組み込んでいましたが、手すり子が無い危ない状態でした。

材料は、柱や梁に使うヒノキを伐倒した時に枝の皮も剥いて乾かしていましたので、それを使っての手すり子作成です。

手すりには組み込み時点で20cm間隔でφ30mm、50mm深さのホゾ穴を空けてありましたので、それに合わせて上部のホゾのオスを加工、下部は30mm角にホゾ加工をし、ベースに組み込みました。

夫々に違った曲がりがあるので、全体のバランスを調整しながらの加工は苦労しましたが、なかなかしっかりしたフェンスができあがりました。

階下の玄関辺りから見上げると下の画像のような雰囲気です。

Dscn5613
ロフト床の木口を覆ったりの仕上げはこれからですが、いい雰囲気になってきました。

2011年1月 4日 (火)

キッチンのタイル貼り

Dscn5598ログハウスから見る外の景色は、いまだに雪で一面真白です。 時折雨やみぞれが降る天候。

そんな今日、あ今年初めのログハウス作りとして、キッチンのタイルを貼ることから始めました。

住みながらの作業なので、

①キッチン周りの生活用品を片付ける。
②サイズを正確に測り、タイルのレイアウトを検討する。(タイルは100×100mm)
③端の半端なタイルサイズをディスクグラインダーのダイヤモンドカッターでカット
④タイル面の周りをヒノキの角材で縁取り
⑤目地幅は5mmと決めたので、その目地用のスペーサを作成
⑥ボンドはタイルと同様アドヴァンで購入したもの。粉末のボンドを専用の溶液で練る。

そして、上の画像のようにボンドを下地に塗り、タイルにもボンドを塗り、目地スペースを空けて張っていきました。
Dscn5605 ということで、本日の作業はここまで。
明日、明後日でタイル貼りは終了の予定です。

2011年1月 3日 (月)

新年、あけましておめでとうございます

Dscn5590昨年12月29日から本日1月3日迄、京都北部の大雪から避難してお正月は京都市内でのんびりと過ごしました。
その京都市内でもかなりの雪が降り、宝ヶ池界隈も20cm近くの雪が積もっていました。

そして、気にしながら本日マイログに着いたところ、ログの周りはまだ20cmの雪が残っていました。
近所の人に聞くと「35cm近く積もったかな?」とのこと。
今晩からもまた天気予報には雪マークsnow

1月のログ作業は、キッチンのタイルを張ったり、階段を作ったりと、雪の影響を受けない作業中心にすすめることとします。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック