フォト
無料ブログはココログ

« 田圃の仕事に絶好の天気 | トップページ | 薪ストーブの搬入 »

2010年12月 3日 (金)

薪ストーブの導入準備

Dscn5360憧れの薪ストーブ。検討の結果ダッチウエストに決まりましたが、明日納入されることとなりました。

先日から炉台のテラコッタを張ったり、レンガ積みをして準備してきましたが、一番思案したのが、煙突のルート。

燃焼に一番望ましいのは、屋根を突き破ってストレートに煙突を立ち上げることになりますが、屋根瓦を一部剥がして水じまいの処理をしてやる必要アリ。経年変化で10年以上経つとそこから水が入り込むのでそれはやめたほうがいい!というのが建設会社を営む知人の言葉。そこで、妻壁にめがね石をつけて、1.5m程度の横引きで煙突を立ち上げることにしたのですが、外側の縦の煙突は2m程度の長さの二重煙突で20kgを超えそうで下からその荷重を支えてあげる必要があります。

考えた挙句に実施したのは、煙道に沿って、柱を2本立ち上げ、そこにボルトでウォールサポートを取り付けて煙突の加重を受けてやることでした。

柱といっても元口で太さ20cm弱・長さ5m程度のものなので、立ち上げるのに一苦労。これを羽子板付き束石の上に持ち上げ、更に垂木&破風板にあてて、ボルトで固定するのです。

誰か介添えがいるかなあと思いながら、とりあえずとひとりで 対応したところ何とかなりました。

さあ、明日薪ストーブがやってきます。煙突を2日程度で取り付ければ、来週には火入れが行えることになると目論んでいます。

なんとか、寒い冬に向けて準備が整うことになりそうです。

PS:ところで、本日、税務課の人がマイログに「そろそろ完成したのでは・・」とやってこられました。まだ未完成なのでと説明し、来年からの固定資産税徴収にはならず、再来年からとなりましたが、査定のためにいろいろ調べて帰られました。きっちり仕事されてました;;;

« 田圃の仕事に絶好の天気 | トップページ | 薪ストーブの搬入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/37944824

この記事へのトラックバック一覧です: 薪ストーブの導入準備:

« 田圃の仕事に絶好の天気 | トップページ | 薪ストーブの搬入 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック