フォト
無料ブログはココログ

« 炉台の目地 | トップページ | 田圃の仕事に絶好の天気 »

2010年11月28日 (日)

めがね石の設置

Dscn5349薪ストーブの火を楽しみに、作業は着々と進みます。本日はめがね石を設置しました。

設置予定場所の妻壁には前から41cm角の開口部を設けていましたが、1mm程度の誤差(開口部が小さい)があったので、めがね石を削ることにしました。
めがね"石"というので、当初は御影石のようなものかと思っていましたが、素材はケイカル。軽いし、削るといっても手ノコでサクサクっと削り取れました。

後でめがね石カバー(34cm角)を取り付けることになるので、それに合わせてめがね石の周りを再度、檜板で仕上げました。

さあ、明日からは難題の屋外煙突の支えをどうするかの検討と加工・据付が始まります。

« 炉台の目地 | トップページ | 田圃の仕事に絶好の天気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/37877924

この記事へのトラックバック一覧です: めがね石の設置:

« 炉台の目地 | トップページ | 田圃の仕事に絶好の天気 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック