フォト
無料ブログはココログ

« エアコン設置の準備・その2 | トップページ | 山に入りました »

2010年11月12日 (金)

いよいよ炉台の作成開始

Dscn52051 朝夕はめっぽう寒くなってきましたね。勝手なもので今夏の狂わんばかりの暑さが恋しくもあるほどです。
ログサイトでは、朝一番の仕事は焚き火をすること。木屑に丸太にダンボールにと、燃やすものはいっぱいあるので、この機会に片付けもかねています。

そして、こんなに寒くなると家の中でも火が欲しくなる・・・ログハウスには薪ストーブが定番!! ということで、12月には納入してもらうように薪ストーブ屋さんに手配はしているので、それの準備として炉台の作成を本日から開始しました。
導入予定の薪ストーブの重量は191kg!それに炉台のベースにするテラコッタタイル(30kg)や炉台壁のレンガ(320kg)の重さもあわせると500kgは優に超えてしまいますので、1400mm×950mmのスペースに束(鋼製束)を6本立て、大引き(丸太ですが120mm角程度に仕上げています)を2本、根太(60mm角)を300mm間隔で入れ9mmの構造合板を2枚重ね、その上に12mmの構造合板を更に2枚重ねました。
画像はその上にテラコッタを仮置きして、周りに30mmのレンガを廻したところです。炉壁は200×100×50mmのレンガを50mm厚にて立てていく予定ですが、それを支える為に、檜材で後ろに骨組みを作り、L型金具で固定していく工法をとります。右側はもともと壁があるため骨組みの必要は無いのですが、レンガと壁の間には空気層を60mm幅とることにしています。
水色の縦の棒はレンガを積み上げる時に面を綺麗に納めるために、スタイロフォームの端材を使って、60mmの幅を確保しています。

中に置かれたダンボールの四角は695mm×640mmの薪ストーブのサイズを写したものです。

さて、明日からテラコッタとレンガの設置を行っていきます。

« エアコン設置の準備・その2 | トップページ | 山に入りました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/37638391

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ炉台の作成開始:

« エアコン設置の準備・その2 | トップページ | 山に入りました »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック