フォト
無料ブログはココログ

« 山に入りました | トップページ | 上下水道工事中 »

2010年11月14日 (日)

炉台にテラコッタタイルを張りました

Dscn5237さて、本日午後はストーブ設置面にテラコッタタイルを張りました。
手順としては、
①テラコッタタイルの縦横は精度が甘いので、事前に並べてみること。そして、目地(今回7mmにしました)幅に合わせて割箸状のスペーサを作り、それもはさんで並べてみました。
②炉縁に30mmのブロックを立てることにしているので、まずはそれをモルタルを流して固定しました。
③その後、ボンドを溶かして練り合わせ、床面に盛り、平らにコテで均していきます。
④接着をよくする為にクシ目をつけます。クシ目をつける為のケラぐしは、買うと2,000円以上するので、端材で自作しました。
⑤慎重にタイルを置き、スペーサも置き、全てのタイルを並べました。
⑥タイルに体重をかけ、圧着します。水準器でおおよその水平を確認し、スペーサを外し、ボンドがはみ出したところを取り除きました。

さあ、72時間(3日)固まるまで放置しておきます。その後、目地を埋めたり、後方のレンガブロックを立ち上げたりしていきます。

同様の作業を、玄関にも行いました。

« 山に入りました | トップページ | 上下水道工事中 »

コメント

もうすぐ完成ですね。heart02
薪ストーブの炉台は低温火災にも気を付けなければならないので、大変ですね。

Networkerさん
レンガの表面(ストーブ側)は70-80度になることもあるとか。だから空気層が必要です。
必要に応じてヒートシールドの検討もあるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/37664716

この記事へのトラックバック一覧です: 炉台にテラコッタタイルを張りました:

« 山に入りました | トップページ | 上下水道工事中 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック