フォト
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

骨休め

Dscn4948思えば土日も休むことなく身体を動かしていました。
会社を早期退職して3年余り、『サンデー毎日』を羨ましく思う人もありますが、昨日は畑、今日はログハウス作り、明日は田圃の草刈、それからまたログハウス作り・・・と、身体にとっては、酷使される毎日で、寝ていても腕の骨がギクシャクと痛むことも多くなっていました。(心的には、毎日が自然の中で癒されていますが・・)
知人に、グルコサミンを摂取すれば直るよと教えられましたが、元来薬のお世話になることを優先的に考えない私なので、あまりこれはすすみません。

そこで、・・・というわけでもないですが、のんびりと旅に出ることにしました。本当は30年近く会社勤めした直後に骨休めを・・と思っていたのですが、辞めると同時に田舎の力仕事に浸かってしまったので、30年+3年の骨休めです。

画像はロフトから玄関を写した昨日までのログハウスの成果です。玄関ドアも付いたし、床も張れ框も座り、内装壁もほぼ・・出来上がってきました。
自作の玄関ドアも勝手口ドアも鍵をかけてのお出かけです。

少しの間、ブログも骨休みとなります。
旅から帰ってきたら、リフレッシュした身体で引き続きログ作りと畑作りに励みますので、またヨロシクairplane

2010年9月24日 (金)

内壁8割がた、出来たかな・・

Dscn49432日前までは「暑い暑い!!」と言っていたのに、昨晩は冬用のトレーナ着て寝るほどの寒さ。。ブルッッ
今日のログハウス作業も長袖を着ての作業となりました。

最近の作業は、床やら壁やらドアやら・・と、いろいろと作業手順もあることから、あっちやったりこっちやったりになっていますが、本日の夕方で内壁の桧板張りがほぼ8割がた終わった感じです。

筋交やら断熱材がむき出しになっていると、雑然として作業現場の雰囲気でしたが、こうして仕上げ材を張って眺めると癒される感じになりました。
もうひと頑張りで全ての壁が出来上がります。

Dscn4942 内側から玄関を見ると、先日取り付けた玄関ドアも部屋の雰囲気に馴染みそうです。

2010年9月19日 (日)

玄関ドア装着できました

Dscn4933 >さて、これに蝶番を取り付け、設置するのが一苦労というか神経を使います。
>それに、これは一人ではできませんので、誰かが来た時に、「ちょっと助けて
>もら う・・・」つもりです。

・・・と前のブログで書きましたが、本日、日曜日に、大阪の仲間がもともと来る予定があったので実はそれをあてにしていたのですが、相手も然る者・・・ブログを読んでこれは私達の事を指していると理解してやってきてくれました。

で、早速到着後少しの会話も終わらぬままに「じゃ本仕事にかかろう」とばかりにドアを持ち上げて・・・
下からはジャッキで玄関敷居とレベル合わせをして、ドアを支えた上で、ビスで蝶番を止めていきました。
微妙な精度を要求されますが、一発でまずまずの取り付けとなりました。

大仕事も終わったことと、その後は談笑し、そして、車に新米を積んで(実は225kgの大口顧客なのです!)帰りには福知山温泉に浸かって帰るとのことでした。

私はその後、ドアの隙間の微調整をサンダーで行い、鍵穴を柱に取り付け、本日の作業終了となりました。

今、仲間から差し入れてもらった『氷見のほたるいかみりん干し』をつまみながらビールを飲みのみ、このブログを書いています。
ほたるいか、ウマイ! ごちそうさまでした。

Dscn4935

2010年9月18日 (土)

框、あがりです。。

Dscn4920_2 松の流木ですが、9月6日に、概ねの主が入ったり腐ったりした部分をチェーンソーでかっとしておきました。

玄関ドアも出来上がったので、いよいよか待ち造りですが、思った以上に虫が食った黒い穴が深く、さらに、かなりカットしました。
その後、太鼓挽きし、形を整えます。
現場合わせで概ねの形が決まったので、これもチェーンソーで床高と三和土面の差分をL型にカットし、表面をサンダーで磨きました。
設置したところが下の画像です。
Dscn4925 なかなか、いい感じで据えつけられました。その後一気に框待ちになっていた床板も張り終えました。
三和土はテラコッタタイルを張る予定にしていますが、玄関ドアを取り付ければ、もう住めそうですねえ。

2010年9月16日 (木)

玄関ドア製作・その2

Dscn4911こういう作業は、とても楽しいものです。
一昨日製作を開始しましたが、まずは本ザネ杉板30mmを採寸して木工ボンドでつなぎ合わせました。左右の端は20mmオスにサネ加工します。
それに合わせて上下左右の枠に使う桧材も採寸カットの後、プレーナで面出し、メスのサネ加工です。
塗装した後、枠をはめビス止めし、次に画像のように、シリンダー鍵を取り付ける為の穴をドリルであけました。

午後からは、出来上がった本体に、装飾的に桧の端材を取り付け、これまた桧の枝の丁度良さそうなのを探してきてドアの取っ手にとりつけました。

次の画像が出来上がった玄関ドアです。ん~・・なかなかいい感じです。ビスがむき出しになっているので、太鼓鋲を打って仕上げになります。
Dscn4914t
さて、これに蝶番を取り付け、設置するのが一苦労というか神経を使います。それに、これは一人ではできませんので、誰かが来た時に、「ちょっと助けてもらう・・・」つもりです。

2010年9月14日 (火)

玄関ドア製作開始

Dscn4897この数日は収穫したお米の出荷に追われていました。東京地区に20件、京都・大阪に20件近くを、ご要望に応じて、精米・玄米・天日干し米等に仕分けし、5k・10k袋に入れ配送伝票書いて、発送して。。。。と毎晩夜なべの仕事となってしまいました。
しかし、美味しいというお便りを続々といただくと、疲れなど吹き飛んでしまいます。

さて、今日は朝草刈作業後、またログハウス作りに戻りました。
玄関の框も途中ではありますが、玄関ドアをそろそろ作ろうと準備を始めました。

材料は、ロフト床に使った本ザネの杉材(30mm厚)が少しあまっているので、それをメインに使います。それから、40mm×80mmの桧角材。桧丸太を太鼓引きした時に出た端材。桧の枝。ヤフオクで買ったステンドグラス(200mm角)。

さて、どんなドアが出来ますか。。。1週間以内には取り付けたいと思っています。

2010年9月 8日 (水)

換気ダクトの取り付け

Dscn4878画像は、ユニットバスの天井裏です。点検口から入りました。

今の作業は、内壁を立てている最中なのですが、お風呂の壁を立てる前に(中が明るいうちに・・)換気口までの換気ルートを作っておくことにしました。

ここには、ログハウス全体の電気配線が集中している場所でもあります。家が出来上がってしまうと、まずはここに入り込むことはないので、記念にログってお きます。

ユニットバスの上には、暖房換気、美泡湯発生装置などの機械が並んでいます。
暖房換気乾燥機の換気穴にジャバラをセットし、アルミテープで固定し、100mm径で外壁に穴をあけ、そこまで配管しました。外壁からコーキングし、後はガラリをつけてやれば良いことになります。

2010年9月 6日 (月)

上がり框に、と・・

Dscn4870先日、伊根に行った帰りに、画像のものをいただいてきました。伊根湾を守る青島には美味しそうな流木があるとのこと。
松の曲がり木ですが、玄関の框に使えないかという事で持ち帰りました。
白太部分は虫が食ったり腐りがはいったりなのですが、心材はしっかりしています。

事前の話では、太ももの太さくらいの流木と聞いていたのですが、行ってみると胴回り以上の太さです。

さあ、どう料理しましょうか。。。。

とりあえずは、辺材をチェーンソーで削り取って使えそうなところを残し、現場あわせですすめてみます。

シカシ、・・・一人で持ち上げられない重さです!

2010年9月 5日 (日)

やられた・・・・

Dscn4867昨晩、うちの”はな”が狂ったように吠えていたのですが、案の定、朝畑に行くと、・・・・やられました。

里芋が無残にも引き抜かれています。猿の仕業です。里芋の収穫は11-12月だと言うのに何を焦ってくれているのでしょうか!!
8月末にはさつまいもをすべて猿にやられたばかりなのですが、これじゃやってられないですね・・・

栗も実り始めましたので、朝夕のパトロールをきっちりしたいと思います。

TVでは猪に人が襲われた話が流れ、町内放送では近隣に熊出没の注意喚起のアナウンスがあり、このblogを書いている最中にも愛犬”はな”が吠えています・・・

でも、もうとられるもんないし・・・、紫蘇の葉とか、万願寺、鷹の爪食べますかぁ・・・

2010年9月 4日 (土)

収穫の日

Dscn4847異常気象の中、TVでは野菜や果実の高騰や、さんまが高級魚になった話題を多く報じていますが、お米の収穫はさほど影響はなさそうです。
私の田圃の周りでは、今週から収穫が始まり、70枚ある田圃の約半数は裸になってしまいました。上の画像は残された私の田圃ですが、つい先日まではまだ青い色をしていた穂が黄金色に穂先を垂れました。
毎年のように今年も近所のコンバインを所有される農家の方に刈り取りをお願いしており、今日が収穫の日になったので、早朝に四隅だけ手狩りしておきました。
Dscn4859 そして夕方4時頃にコンバイン登場。あっという間に、ものの40分で2反の田圃は裸になってしまいました。田圃の表面には、粉砕された稲藁が撒かれ来年の肥やしになります。

今日も日中はうだるような暑さでしたが、この時間帯夕方5時頃になると、風がここちよく吹き抜け始めました。
私は、刈り取りが終わった後の田圃の香りが大好きです。乾燥した稲藁の香りです。春先から田圃の準備をし、田植えに始まり、水の世話、草刈と面倒を見た田圃が今年の役目を終え、これからしばしの休みに入ります。
この香りには夕焼けと赤とんぼがまさにお似合いです。まもなく秋・・・早く秋になって欲しいと願う今日でした。

2010年9月 2日 (木)

進捗報告~洗面所ほぼ完了

Dscn4838舞鶴38℃!!!
これは昨日の気温ですが、今日もそれに近い猛暑日でした。
まだまだこの状況が続く模様ですが、ログハウス作りは毎日続いています。
「そろそろブログ更新してネ~・・・」という励まし(?)もいただきましたので、最近の進捗報告をします。
外壁や内壁や天井内張りやらを優先度を考えながら進めているので、『ココ見て!』という程の報告にはなりませんが、画像は、本日張り終えた洗面所の内壁です。
左側が浴室になりますので脱衣場も兼ねます。正面は勝手口です。右側はトイレ・・
上下左右全て桧で囲いました。お風呂はユニットバスなので桧風呂とはいきませんが、ここでは桧の香りが漂っています。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック