フォト
無料ブログはココログ

« 見た目、とても進んだ気分・・・ | トップページ | 風に吹かれて・・・ »

2010年6月 1日 (火)

給湯機のベース作り

Dscn4283今日はとってもいい天気。給湯機のベースを作ることにしました。
まずは、どれだけのサイズにすればいいのか・・・、貯湯タンクユニットが630(W)×760(D)、ヒートポンプユニットが800(W)×286(D)なので、ベースは1800(W)×850(D)×150(H)としました。
それにあわせて、型枠作りをし、それからつるはしで、地面を削り取りました。それから砕石(RC-40)を採石場に軽トラで購入です。そこまでが午前中。
午後はいよいよベース作りです。準備した型枠の中にRCを掘り込み、手作りの転圧冶具で突き固めました。

セメントは大阪の仲間から頂いたプレミックスのクラウト材。通常コンクリートはセメント:砂:砂利=1:2:4もしくは1:3:6なのですが、プレミックスであることとRCなのでコンクリート粉がかなり混ざっているので、砂は少しだけ入れ、ま、まぁ、それなりに適当に配合しました。
Dscn4292 力仕事でしたねぇ。大汗かきました。ネコの中でコンクリートをこねて型枠の中に掘り込んで、コテで均して、・・それを繰り返し、なんとかベースを作りました。(ログハウス本体の基礎作りから比べればままごとみたいなもんですけど・・)

« 見た目、とても進んだ気分・・・ | トップページ | 風に吹かれて・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/34997726

この記事へのトラックバック一覧です: 給湯機のベース作り:

« 見た目、とても進んだ気分・・・ | トップページ | 風に吹かれて・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック