フォト
無料ブログはココログ

« ロフト床の作成・partⅡ・その2 | トップページ | ゆったりと散歩・・ »

2010年4月15日 (木)

妻壁の出口ドア・その1

Dscn38974月中旬だというのに、真冬の寒さ・・。
今日の仕事はロフトのドア作成です。
一昨日ロフト床を張り終えたものの、大きな開口がそのままでは、雨が吹き込んでこないかと気になりましたので、それを塞ぐ為に急ぎ作成しました。
右は前に作成済みのFIX窓で、左が本日取り付けたベランダへの出口となるドアです。
大きなガラスはペアガラスでオークション入手のもの。これを桧材を加工して枠とし、下部は合板をベースに余った杉ピーリング材で内外を張り上げました。
Dscn3882 外から見るとこんな感じです。

今日、電気屋さんに来てもらい、相談しました。照明やコンセント、スイッチへの配線は自分ですることとし、全ての配線の集線箇所はユニットバスの天井裏まで持っていく事が電気屋さんにお願いする引き込み工事から全ての機器類への接続に都合がいいことを確認しました。
VVFケーブルは京都の家のお隣の電気屋さんが廃業される時に頂いたケーブルを使います。来週からは壁と天井にケーブルを入線して断熱材を施工することになります。

田圃の作業もやらないといけないし、忙しくなります・・・

« ロフト床の作成・partⅡ・その2 | トップページ | ゆったりと散歩・・ »

コメント

imo様

外から見た感じ、とてもいいですね。
いよいよ電気工事、近くにいたらお手伝いしたいくらいです。でもImoさんは自分でやるでしょうけど・・・。

マサゴンさん

電気工事、配線だけはセルフで行う予定ですが、どこにジョンイントボックスを置いて、ケーブルを如何に効率よく配線するか難しいですね。系統の分け方も何が一番いいのか・・・教えてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/34241416

この記事へのトラックバック一覧です: 妻壁の出口ドア・その1:

« ロフト床の作成・partⅡ・その2 | トップページ | ゆったりと散歩・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック