フォト
無料ブログはココログ

« 1階部分の間柱完了 | トップページ | 夢の丸太小屋に暮らす »

2010年1月28日 (木)

妻壁作成中・・・

Dscn3467今日は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、屋根の下で雨など気にせず、黙々と妻壁の間柱と建具枠作りをしました。

足場は転がしてあった杉材と端材を使って番線で結束しました。

棟束(中央の束)から左側の室内は吹き抜けにするので、建具はFIXのペアガラス(180cm高×30cm巾を2枚)に、右側室内はロフトなので140cm高×53cm巾のペアガラスでドアを作ろうと思っています。壁面は構造合板を張り、防水シートをまいて杉板を張っていこうと思います。
Dscn3464 上の画像は、棟木まわりの様子です。
気をつけたことは、事前に妻壁勝ちになるように妻壁の上枠を設置したこと、屋根の天井内張りや軒天を張るために棟木には12mmの溝を彫っておいたこと、そして今回の作業前には、真柱を挟んで合板と杉板を綺麗に納めるために棟木にノコとノミを使ってスコアリングし、チェーンソーで溝を掘りました。

明日からもこの続きですが、薪ストーブの煙突を妻壁から出す予定なので、『めがね石』の設置場所を慎重に検討しようと思っています。

・・・ところで、棟束のことを卯建または(うだつ)とも言うそうです。「が上がらない」といいますが、「いつも上から押さえつけられていて、出世できない」などの意味ですが、私の場合、出世にはあんまり興味がなかったものの、とりあえず『うだつはあがった!』と言えるのでしょうか(笑

« 1階部分の間柱完了 | トップページ | 夢の丸太小屋に暮らす »

コメント

imo様
着々と進んでますね。いよいよ出来上がりが楽しみです。
この足場の広さなら落下事故もないでしょうが、くれぐれも安全には気をつけてください。労災は利きませんから・・・。

マサゴンさん
見た目はどうってことないのですが、足場を支える仮の柱は3.5mの丸太でかなり重い! それを下からログサイトまで肩に担いだり引きずったりしながら持っていくとき、イエスキリストがゴルゴダの丘に十字架にかけられるときに苦しみながら担いだ光景を思い浮かべました。
私の場合は、これも次につなげる楽しみなのですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/33159577

この記事へのトラックバック一覧です: 妻壁作成中・・・:

« 1階部分の間柱完了 | トップページ | 夢の丸太小屋に暮らす »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック