フォト
無料ブログはココログ

« 補強金具の取り付け | トップページ | いきなり冬が迫ってきたようです »

2009年10月29日 (木)

次の下準備

Dscn2738桁と梁があがり、そして柱と土台やそれらを補強金具で固定した次の作業は、本番の束を建てて棟木と母屋をおさめ屋根を張ることになります。
しかし、束を建てる位置は3m以上の高所になりますので、足場が必要となります。
そこで、昨日と今日は桁梁の高さの位置全面に板を張りました。云わば仮ロフトですね。このロフトに立つとマイ田圃を含む田園風景が一望です。

1枚7kg程度ある板材を120枚以上2日かけて梯子を使ってせっせと上げて、コースレッドで止めてまわりました。
実はこの材、ログ仲間のS志氏から頂いたものです。軽トラで大阪・南港まで何度も引き取りに行ったのが今生きてきました。これだけを荒材でも購入しようものなら、ん万円はすると思います。S志氏に感謝感謝。

屋根が葺けるまではまだ1ヶ月以上かかるので、その間の雨をしのぐ為にはこの上からブルーシートを張ればいいと思っていましたが、画像の中にもあるように所々板が張っていないところがあります。ここは束が建つ位置なので開けておくことにしました。

しかし、束穴に雨水が貯まるとそのままになり、木にとって過酷な状況になります。

そこで、養生テープでホゾ穴を塞いでおこうと思い、探したのですが見つからず代わりにこんなものが出てきました。

Dscn2742_2 ケーブル埋設シートです。

これも京都のご近所の電気会社の方がお年をめされて廃業されたときに頂いた道具箱の中に入っていたものです。こういうちょっとしたものも、有効に活用させてもらっています。

ホゾ穴に水が溜まった状態で1ヶ月もおいておくと、そこから腐敗菌でもはいり先々のログハウスの寿命に大きく影響する可能性もありますので防水対策としては万全を期したいものです。

      
電力線(低圧)危険注意
この下に低圧電力ケーブルあり

« 補強金具の取り付け | トップページ | いきなり冬が迫ってきたようです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/31988532

この記事へのトラックバック一覧です: 次の下準備:

« 補強金具の取り付け | トップページ | いきなり冬が迫ってきたようです »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック