フォト
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

実山椒

Dscn1658四季おりおり・・・昨年と同様ですが、今年も山椒の実を摘む時になりました。
母が以前から作っていた山椒の木は雄が2本に雌が2本。実山椒は雌の木に出来るものですが、谷間のいいところに植えてあるので、とてもいい具合に実がつきます。
昨日は朝5時におきて犬の散歩やら帰る支度を早めに済ませて朝8時前から摘み始めました。画像はまだ、朝露を含んだ瑞々しい雰囲気です。

Dscn1661 実を摘むたびに・・・風が吹くたびに・・・山椒の清々しい香りが辺りに漂い、身も心も全体が包まれます。摘んでも摘んでもきりが無い作業ですが、黙々と・・・しかし気持ちのいい時間が過ぎていきます。自然の中で幸せな時間を感謝しながらの作業です。

そして今日、ご近所のHELPさん(という自然食のお店です)に納品してきました。再来週にもあと一本の実山椒の収穫が待っています。

2009年5月28日 (木)

赤玉葱を収穫しました

Dscn1649昨年9月に種を蒔き、苗を育てて定植してと、約8ヶ月間かけて赤玉葱が収穫できるようになりました。昨年度は、追肥を1回しか与えなかったので小ぶりでしたが、今回はマニュアル通り2回与えたところ、立派な玉葱に成長しました。品種はタキイの猩々赤という名前です。100%無農薬です。
赤玉葱はサラダで食べるのが美味しいですね。赤い色は抗酸化アントシアニンだそうです。これは血液をサラサラにする効果があるそうですので、毎日でも食べたほうがいいかもしれませんね。
今回50個ほど収穫しました。来週には残り(まだ300個ほどあります)を収穫するつもりです。保存も9月頃まで出来ますので、食べたい!方はメールをお待ちします。
他に、現在のマイファームの成長中の野菜を報告しておきます。
Dscn1621 Dscn1622 左が白いコールラビ(グランドヂューク)で右が赤いコールラビ(パープルバード)7月にはお届けできると思います。
Dscn1623 Dscn1624 左がブロッコリーで右がキャベツ。毎朝、青虫相手に奮闘中です。
Dscn1626 そら豆は収穫を始めました。湯がいて、もしくは焼いて食べるとビールがすすみます。そら豆ご飯も美味しいと思います。
Dscn1629 じゃがいもはアンデスとキタアカリを各々2畝作っています。芽かきしたのですが、とても生い茂りましたので、せめてもと今は花を摘んで少しでも実に養分を行くようにしています。
Dscn1640 それから、この前定植したズッキーニは囲いの中で虫にも荒らされずに順調に育っています。これから夏に向けて楽しみです。
Dscn1636 そして、田圃に眼をやると、コシヒカリがこちらも順調に育っています。
Dscn1644 それから、おまけですが、畑の横で栽培しているブルーベリーも沢山実をつけました。これから夏の陽を浴びて大きく甘くなっていきます。

じつはまだまだ予備軍(育苗中)の苗が家の裏にはいっぱいあります。来週から、これらの定植作業がはじまります。

忙しい、田舎生活ですが、楽しんでいます。

2009年5月26日 (火)

今日は杉材を降ろす日

Dscn1579ログハウス作りのひとつの節目。桁・梁用の長尺の杉材を今日は山から下ろす日です。
朝からユンボにグリスアップし燃料もチェックして準備万端です。
Dscn1586 我が家の(ログ地の)裏山とはいえ、急な傾斜地をユンボは力強く上り下りし、元口40cm長さ10mの大木を運んでくれます。
Dscn1600 それ以上の太さの杉は4mに伐りました。板に挽いて内装の壁にしようと思います。

さあ、また皮向きの日々がやってきました!

2009年5月22日 (金)

ウマ作りやら・・・

Dscn1549今日はウマを3体作りました。
今までも材の加工に必要な為4体はあったのですが・・・。
購入物はシンプソン金具くらいです。材はS志からいただいたもの中心です。
その後ろには、先週作りかけになっていたログウォール、結局10段積みになりました。一番上はセトリング対策用に面出しをしてあります。

で、なぜウマがそんなに沢山必要かというと、・・・
Dscn1558 3月末に倒しておいた杉の木を来週山から下ろすことになりました。現地の下草を刈り、枝も払い、準備もしておきました。
ログ地まで運び込むと(・・と言っても元口40cm以上ある10mものの杉ですから重さも半端ではなくユンボの活躍する場となります、)、一気に皮剥きもして桁と梁加工する予定です。その作業用にウマがたくさん必要なのです。

いよいよログハウス作りも棟上にむけて形も見えてくることになりそうです。

2009年5月16日 (土)

フィラーログの製作

Dscn1508『まぐさ』の次はフィラーログの製作です。
ログハウスの代表格は、ハンドカットのノッチ組みですが、私の場合はピース&ピース(PP)工法。しかし、建築確認申請を通す為には各面に筋交いを入れる必要があり、そこは丸太組みではなく、漆喰壁を予定しています。そこで、ポスト&ビーム(PB)とPPの組み合わせになります。
そういうわけで、ログの壁は僅かな部分になります。

昨日(5/14)と今日(5/15)は、そのうち柱と柱の間が2.8mのログ壁(フィラーログ)を作ることにしました。場所的にはトイレと洗面所の壁となるので、150cm高のところに窓を配置する予定です。ログの太さは元が16cm末が14cm程度の3mものを揃えました。丁度一人で持ち上げられる重さです。
最下部のログは土台(12cm角)に直接置く部分なので、12cm以上の面を出しておきました。元口・末口を交互にスペーサを挟んで並べました。
Dscn1505 ここで、一気にスクライバーでカットラインを決めていきます。(”はな”は横で昼寝中ですsleepy)
最も広い位置を探し、それに5mmを足してカバー(ログとログが重なる高さ)としました。
Dscn1524 手順としては、カットラインにノミを使ってスコアリング(チェーンソーをあてた時にバリが出ないように切込みを入れる)した後、チェーンソーで断面が”W”になるように切り込み、真ん中の山をブラッシングして削っていきました。
Dscn1530 成果はご覧の通りです。ログ通しがピタッと収まりました。高さは110cm程度なのであと3本ほど積むことになります。

この作業があと2箇所ありますが、丁寧にすすめていきたいと思っています。

2009年5月14日 (木)

今年もズッキーニ

Dscn1490昨年と同様、タキイさんから『ダイナー』という品種のズッキーニの種を買い、4月10日に育苗トレイに播種しておいたのですが、本葉も3枚になったので昨日(5/13)定植しました。
Dscn1492 昨年の反省として、
①ズッキーニの株は、茎が直径5cm位に太くなり四方に広がるので畝幅を広く取るべきと、今年は120cm(天場で100cm位)にしました。
②そんなことから草の管理が大変で苦労したので今年はマルチングをしました。
③ズッキーニはカボチャやウリと同様で”ウリバエ”の餌食となり、昨年は苗の植え付け直後に食べられてしまい半分はダメになったので、ウリバエ防除用に飼料袋で囲いをしました。

さて、うまく収穫できれば、これも当ファームから皆さんにご案内できると思います。

2009年5月12日 (火)

タマネギ・・極早生!

Dscn1480昨年の手帳を見ると玉葱の収穫は6月でしたので、まだ先のことだと思っていたのですが、赤玉葱はすっくりと葉がたっているのに白玉葱は皆な倒伏しており病気かなあと思いつつ種袋を見ると、『極早生品種』~「貯蔵性を高める為に倒伏の1週間後を目安に、晴天時に収穫」とありました。<タキイさんの、『チャージ』という品種です>
今日は夕方から雨がぱらつき始めたのですが、倒伏して1週間以上たっているのであわてて収穫しました。
玉葱はあらゆる料理に使えるので重宝します。今年(正確に昨年からですが・・)は、白玉葱を100本、赤玉葱を800本程作っています。
Dscn1485 赤玉葱は6月頃になりますが、当ファームの野菜を待っていただいている皆様にはこの赤玉葱、供給できると思いますヨ。元気良く大きく育ってきています!

今からドレッシング選んで、待っていてください。

こちら、完全無農薬です。予約も受け付けます!!

2009年5月11日 (月)

ログ作りも進んでいます・・

Dscn1460このところ、田植えやら野菜の苗作り、畑の準備が忙しく、Blogもその関連が中心になっていました・・・が、土台作りの後、農作業の合間合間に、まぐさ(漢字だと”目草”と書くんですね。窓などを配置するときの柱と柱の間に渡す横木です)作りに励んでいました。そしてそれも先週末に予定数は完成しました。全部で10本、長短ありますが、40mm×100mmのほぞを柱に組み込む予定です。込栓で位置を固定することになります。
今週からは、いよいよログウォールの加工となりますが、フィラーログにグルーブを刻む為の冶具を作りました。(まぐさを立てかけている木枠です)
ベースは水平が出ているので、明日からはここに、丸太を縦に並べて、スクライバーでラインを決めた後チェーンソーで刻んでいく作業になります。
Dscn1454 それから、連休前にヤフオクでペアガラスを沢山落札したのですが、本日、京都から大江への帰り道(・・・といってもかなり大回りにはなるのですが)、寝屋川まで直接引き取りに行ってきました。全てペアガラスです。木枠を作り、下開きの窓にしようと思っています。
直接引き取りに行きラッキーだったのは、「こんなんもあるよ!」と見せてもらった真ん中にある既に木枠がセットされたW1220×H250のカスミペアガラス。壁上部の採光窓に使えそうなので、格安!で一緒に頂いてきました。←カミゾノショウテンさん、ありがとう!

・・・と、一歩一歩ログ作りも進んでおります。

2009年5月 2日 (土)

田植えも終わってほっこり

Dscn1411伊根町の仲間が昨年から古家を改造して資料館を作っていたのですが4月末にオープンしました。少し資材を提供したこともあり「おいでおいで」とのお誘いを受けていたので、田植えも終わって気分も楽になったので、奥さんと一緒に訪問してきました。だいぶん前に「ええにょぼ」の舞台となった地であり、「釣りバカ日誌」や「トラさん」のロケ地にもなりました。ご好意でシータクシーに乗せていただき説明を聞きながら湾を一巡りしました。春の日差しと海風が爽やかで気持ちのいいひと時でした。このシータクシー是非乗られることをお勧めしますヨship
Dscn1420 海からあがってギャラリー舟屋でコーヒーを飲みながら窓から伊根の海をほっこりと眺めている時間も落ち着けるひと時です。30年近くも陶芸をされていたこちらの奥さんが舟屋を改造しておられるのですがこちらも是非立ち寄られることお勧めですcafe
Dscn1427 そして最後に資料館「おちゃやのかか」(魚の名前なんですが、伊根での呼び名です。全国名は教えてもらったのですが忘れました・・・)を案内してもらい、昔から使われていた漁業の道具などの説明を聞きました。

大江の我が家から1時間強で行ける伊根。そのうちログハウスが完成して皆さんをご招待したとき、ご案内するルートにここは組み込みますね。
本当にいいところです。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック