フォト
無料ブログはココログ

« 土台が出来上がりました | トップページ | 田植え当日 »

2009年4月25日 (土)

お米作りの季節

Dscn1326田耕しから自分で行う米作りは2年目です。
昨年は初めてと言うこともあり、丁寧にそれも深く耕しすぎたためにトロトロの土が深くなりすぎ、田植え機が前に進まずに大いに苦労した強烈な思い出がありますので、今年は浅めに耕し出来るだけ凸凹が無いようにとトラクターを操作しました。
まずは今週火曜日に第2回目の田耕しを行ったところです。(昨年の暮れからからでは3回目です)
しかし、難しいです・・・トラクターの操作は。ロータリーの逆転も出来るので、土を後ろだけでなく前に飛ばしたりしながら平らにしようとするのですが、凸凹はかなりの強敵です。
Dscn1329 次の日には、丹の国こしひかり作りに推奨されているPRO484という化成肥料を40kg手撒きして回りました。昨年の収穫時にばら撒かれた稲わらの有機肥料との組み合わせですね。その後、代かきをするために水をほどほどに張っておきました。もうお隣さんの田圃では代かき作業が始まっています。
ちなみに、真ん中に見える山の麓に少し木々が開けて赤土の地肌が見えているところがありますが、そこが我がログハウスの建設予定地です。画像をアップしてもらうと、その赤土の上部にコンクリートの布基礎と先日据えつけた土台が微かに見えます・・・かね??
Dscn1335_3 Dscn1334_4 そして昨日は田植え準備で重要な代かきの日でした。朝から3時ごろまでかけてトラクターで田圃の隅から隅まで土をかき回しながらリヤカバーで土を均していきました。
田植えのときは毎年ですがカモメが飛来してきます。近くを流れる由良川を10kmばかり下ると日本海(栗田湾)ですが、田圃に生息する虫を啄ばみにやってくるのです。トラクターで近くを通っても全く平気です。
Dscn1341 トラクター操作が未熟な私なので、最後はレーキを使って田圃の中の水から顔を出した凸の部分を均していきました。これが力仕事で、一苦労です。しかも泥田。膝までの田植え靴を履いての作業は疲れます。さっきのカモメたちは姿を消して、私の頭上をこんどはトンビが旋回しています。時々回りに降り立ち獲物を加えて飛び立ちます。頭上でしばらく旋回しているので良く見ると、私の足元近くに青ガエルがトロンとした目で休憩しています。暫くの間その周辺を均していたので、トンビも私を警戒してどこかに去っていきました。
Dscn1345 そんな生き物が自然の中で生息するこの地で今年も美味しいと言ってもらえるお米を作ろうと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。
一夜明けての今日は朝から雨です。田圃にも水を張り、田植えの日を待つことになりました。
Dscn1355 そんな田園風景をログハウスの土台の上に立って収めてみました。
来年は、ここから毎日田圃や畑の様子を見れたらいいなあと思うのですが、再来年からかなあ・・・、ま、楽しみです。

« 土台が出来上がりました | トップページ | 田植え当日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/29281300

この記事へのトラックバック一覧です: お米作りの季節:

« 土台が出来上がりました | トップページ | 田植え当日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック