フォト
無料ブログはココログ

« とても嬉しい頂き物・・またまた、、、 | トップページ | 柱作りの毎日です! »

2009年2月12日 (木)

森からの贈り物

Dscn0982昨年、田舎暮らし応援団のイベントの「きのこ栽培教室」に参加した時に持ち帰った椎茸のほだ木に、毎週4~5個ほどよい大きさの食べ頃の椎茸が出来、焼いて醤油を垂らして美味しく食べています。
ほだ木にして10本なので家族で食べる量しかないのですが、本当に美味しいshinesign03椎茸なのです。そこで来年からはこの美味しい椎茸をより多くの人に食べてもらおうと少し多めに栽培することにしました。
Dscn0975 昔話で、「お爺さんは芝刈りに・・・」とあり、当時はクヌギに椎に楢といった広葉樹が里山にはあり、それを切り出して冬の燃料(薪)にしていましたし、その事で山は綺麗になり、かつ切られた木は切り口から新しい芽が出る「萌芽更新」で持続されていました。しかし今そのような山は少なくなっています。
京都大江の毛原地区(画像のように日本棚田100選に選ばれている美しい風景です)では京都府のモデルフォレスト地区として山を育てる活動が行われているのですが、そこに目的のコナラの木が伐採されているというので、喜んで頂きに行きました。
Dscn0972 場所はかなり急勾配で、1m程度に玉切りされたコナラが転がっているものの、それを1本ずつ担いで上げるのも大変と、滑車を使ってロープで引き上げることにしました。
今日は温暖な一日だったこともあり、汗をかきながらの作業になりました。
Dscn0976 朝から夕方まで頑張って、本日の収穫です。軽トラにいっぱい60本のほだ木を獲得しました。(お隣さんに20本はお分けするのですが・・・)
駒菌も手配しましたので、今月末には菌打ち作業が出来そうです。

来年の今頃を楽しみにしてください。美味しい、本当に美味しい椎茸をお届けできるのではないかと思います。

« とても嬉しい頂き物・・またまた、、、 | トップページ | 柱作りの毎日です! »

コメント

いいですね。シイタケ栽培、でも
私は、食べれないのです。( ̄ー ̄)ニヤリ
でも?頑張って栽培して下さい。angry

優游さんのところはどうか判りませんが、最近のハイカーのマナーの悪さは目に余ります。

平気で私有地に入り込んでタラノ芽等の山菜を取って行きますし、ホダ木になっている椎茸等も平気で採っていくそうです。

ホダ木になっている椎茸なんて誰かが栽培している以外考えられないと思うのですが。

タラノ芽にしても根こそぎ切って行くので、たらの木自体が枯れてしまいます。

自然を楽しむのであれば、当然のマナーも守って欲しいものです。

S志さん
ひょっとして、きのこアレルギー?
こんな美味しいものを食べられないとは可哀相なことですdespair

Networkerさん
ご無沙汰です。

こちらの周辺にも『勝手に山菜を採らないでください』という立看があがっています。・・・ということはそういう輩もいるということでしょう。
しかし、ほだ木の椎茸を採っていくと言うのはひどい話ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/28022883

この記事へのトラックバック一覧です: 森からの贈り物:

« とても嬉しい頂き物・・またまた、、、 | トップページ | 柱作りの毎日です! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック