フォト
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

ジョウビタキ

Dsc_0025_992008年も12月31日になりました。そんな年の瀬も迫った昨日、庭木の剪定やら庭の掃除をしていた時でした。『チェッチェッチェ・・』となにやら鳴き声が間近から聞こえるので、ぐるりを見渡してみると、可愛い小鳥がさっき剪定したノウゼンカズラの枝に留まっています。そしてかなり明確な意思を持っているかのようにこちらを注視しているのです。しばし、作業の手を止め、こちらも舌を『チェッチェッチェ・・』と鳴らしてみると、
Dsc_0009_99 場所を移動させながらこちらに近づいてきました。それも手が届きそうなくらいのところまで。
家からカメラを持ち出してズームしてもポーズをとってくれるのです。たいへん人懐っこいものでした。(NIKON D40X+AF-S DX VR ED 55-200mm F4-5.6G)

「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。」(マタイによる福音書6章26節)

今年も1年無事にそして充実した毎日を過ごすことが出来たことを感謝します。

ジョウビタキ=【常鶲】Daurian redstart[学名:Phoenicurus auroreus]
鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。いわゆる小形ツグミの1種で、日本ではおもに冬鳥であるが、ごく少数が北海道で繁殖している。ウスリー地方から中国南部にかけて、またバイカル湖周辺に繁殖分布し、冬は南下し、インド北部、インドシナ半島まで渡るものがある。全長約14センチメートル。雌雄異型で、雄は頭部が銀灰色、背は黒褐色、下面と尾は赤褐色。雌は上面が淡褐色で下面は淡い。雌雄ともに翼に白い斑紋(はんもん)があるので「紋付鳥(もんつきどり)」とよばれることがある。明るい林の樹洞などに巣をつくり、5~7個の卵を産む。冬も、明るい林や公園などにすみ、1羽ずつ縄張りをもち、ヒッヒッとよくとおる声で鳴き、また低い木の枝に胸を張って止まり、尾を振って頭を下げる独特の動作をする。昆虫食。ヨーロッパからバイカル湖西岸までは、翼の白斑がないほかはよく似たシロビタイジョウビタキP. phoenicurusが分布している。(以上Yahoo!百科事典より)

2008年12月26日 (金)

GNH

Dscn0667画像は、先日クリスマス礼拝の午後、近くにある老人ホームに教会学校の子供たちと一緒にキャロリングに出かけたときのものです。
老人ホームのロビーに子供たちのクリスマスソングが流れ心温まる時を持ちました。

そして今日、『昨年の1人あたりGDP、日本19位 G7で最下位 』という新聞記事が目に止まりました。連日、派遣社員の首切りのニュースが流れ、そして親が子をまた子が親を簡単に殺す世の中ですが、GNHという指標があります。GNH(Gross National Happiness=国民総幸福量)は豊かさと幸せの物差しです。そろそろ経済中心の考え方から、心の豊かさを重視する方向に舵を取らねばならないのではないでしょうか?
勝ち組負け組みを生み出した小泉政権の悪政が未だに継続されていますが、一旦リセットし『皆の幸せ』を考える時を持てないものでしょうか?ブータンのワンチュク国王は「GNHはGNPよりもより大切」と国を推進し、今、90%以上の国民が『幸せです』と答えているそうです。

~~~ちょっと古い記事ですが、以下に掲載しておきます~~~

ブータンの「GNH(国民総幸福度)」に学ぶ発展の哲学(07/09/12)・・枝廣淳子記

■GNHという開発哲学

 国の力や進歩を「生産」ではなく「幸福」で測ろうというこの「GNH」の考え方は、1976年の第5回非同盟諸国会議の折、ブータンのワンチュク国王(当時21歳)の「GNHはGNPよりもより大切である」との発言に端を発しているといわれています。物質的な豊かさだけでなく、精神的な豊かさも同時に進歩させていくことが大事、との考えです。
 ワンチュク国王は、どのようにしてこのユニークな概念を打ち出されたのでしょうか? 1960年代~70年代初め、ブータンでは先進国の経験やモデルを研究しました。その結果、「経済発展は南北対立や貧困問題、環境破壊、文化の喪失につながり、必ずしも幸せにつながるとは限らない」という結論に達したそうです。そこで、GNP増大政策をとらずに、人々の幸せの増大を求めるGNHという考えを打ち出しました。「開発はあくまで、国民を中心としておこなわれるべき」――GNHとは、ブータンの開発哲学であり、開発の最終的な目標なのです。

 このGNHという概念のもと、ブータンでは、1)経済成長と開発、2)文化遺産の保護と伝統文化の継承・振興、3)豊かな自然環境の保全と持続可能な利用、4)よき統治――の4つを柱として開発を進めることになりました。
 もともとは、幸福という概念は主観的なものですし、国際的に一律の尺度で測れるようなものではないため、GNHはあくまでも概念的なものとして考えられていました。しかし、GNHという考え方が知られるようになり、「GNPのように、指標として数値化できないか」という声が高まったこともあって、1999 年にブータン研究センターが設立され、具体的な研究がスタートしています。

 現在、まずはあくまでもブータン国内で通用する指標をめざして、幸福という概念を9つの要素に分けて検討しているそうです。その9つの要素とは、

 ◎living standard(基本的な生活)
 ◎cultural diversity(文化の多様性)
 ◎emotional well being(感情の豊かさ)
 ◎health(健康)
 ◎education(教育)
 ◎time use(時間の使い方)
 ◎eco-system(自然環境)
 ◎community vitality(コミュニティの活力)
 ◎good governance(良い統治)

だそうです(順不同)。

 人々の情緒がどのくらい豊かか、人々がどのように時間を使っているか、地域社会はどのくらいイキイキしているか――こういったことは、GDPにはほとんど影響を与えないでしょう(いえ、逆に、GDPの世界で、お金を稼ぐ仕事以外に、地域社会のために自分の時間を使ったりボランティアで環境を守る活動をしたりすることは、その本人は満足であってもGDPの足を引っぱる「不経済」な行動だと見なされてしまうでしょう!)。

 ■途上国でも森林保護を優先

 でも、「本当の意味での国の進歩を測るのはどちらなのだろう?」と思いませんか? 自分の子どもや孫が大きくなるころ、あなたは「日本のGDPが増えていてよかった」と思うでしょうか、それとも「日本のGNHが増えていてよかった」と思うでしょうか?
 ブータンは、国民1人当たりのGDPは低い発展途上国です。でも、GNHという指標を掲げて自然保護を優先的課題として取り組んできた結果、ブータンの国土の26%は自然保存地区で、72%は森林地区になっています。そして同時に、経済的には豊かでなくても、ホームレスや物ごいのいない社会を実現しているそうです。ブータンでは「あなたは幸せですか?」という質問に対して、国民の90%を超える人が「幸せ」と答えたそうです(日本だったら、何%の人が「幸せ」と答えるでしょう?)。
 「お金や物質的な成長を追い求めることは、本当に幸福のために役立つのか? 逆に、損なっていることはないか?」――ブータンのGNHの考え方は、私たちに「本当の目的」の
問い直しを投げかけています。

2008年12月25日 (木)

2008年最後のログ作業

Dscn06819月10日に『通し柱に最適な材を』と家の目の前の檜を倒木し、通し柱以外の材は近所の友人が営む製材所で4寸角(12cm)の角材に挽いてもらっていました
先週基礎が完成したので、引き続いて土台作りになります。Uさんにプレーナ(自動かんな)を持ち込んでもらい、今日は12cm丁度に面だしを行いました。
Dscn0675 作業しながら、「え?これ本当に土台に使うの?」という気持ちになってきました。檜の香りと美しい木肌では土台にはあまりにももったいないと思ってしまったのです。
最近の日本建築の柱に、それも目立つところに使っても十分に耐えうる美しさなのです。

それを土台という人に見えないところに、しかも防腐のためにクレオソートなど塗りたくって・・・!
しかし、それでも私はこれをマイログの土台に使うのです。見えないところに贅沢をする・・・これ、なかなか出来ないことです。

たぶん、今年のログハウス作業はこれで終わり。来年1月5日からはこの材の加工が始まります。

2008年12月17日 (水)

いよいよ型枠をはずす日です

Dscn0312先週の金曜日に布基礎部分のコンクリート打ちをし、今週月曜日にはUさんが天端レベラーを流し込んでくれていたので、今日はいよいよ型枠外しです。鋼管バタを外し、”ろうそく”と呼ばれる丸セパの止め具を順番に外していきます。型枠同士を止めた65mmの釘とコンクリートに打ちつけたコンクリート釘も丁寧に抜いていきます。
Dscn0314 そして!、いよいよ型枠を外す瞬間です。実は前回のブログで書きました、バイブレータのいれ具合ですが「あんまりかき混ぜすぎるとセメントと砂と石と水が分離しすぎるので、『ほどよく』混ぜるように!」と教わったもののどれくらいが程よいのか判らず、型枠外した瞬間、穴だらけで「はい、基礎やり直し!」なんてことにならないか心配でした。
Dscn0321 しかし、心配することもありませんでした。見てください。立派な基礎が完成しました。
GL(グランドライン)から42cm高さの6m×8mの基礎です。水周り(風呂・洗面所・トイレ・キッチン)の為に内側にも布を施しています。幅は15cmです。この上に2cm厚の基礎パッキンを乗せ、12cm角の檜の土台を置くことになります。
Dscn0325 日曜日の雨で、プールを作ったの?と言われそうですが、塩ビ管でドレーンを設けています。型枠を外した時に管を貫通したところ、ジャッジャッと排水されていきましたので明日には水も出ていることでしょう。
Dscn0317 残土の処理もUさんが綺麗にしてくれました。
そのうち、緑を施して見違えるようになっていくと思います。

2008年12月16日 (火)

今日は合間の農作業でも・・

Dscn0630このところ、・・・そうですねえ、3週間ばかりはログハウスの基礎作りに日々明け暮れていましたから農作業がほったらかしになっており、それはそれで大変気になっていました。
まずは『そらまめ』。10月末に種をポット蒔きして12月初旬には定植をと思っていたのですが、既に16日。
一昨日の雨もあり、ログハウスの基礎の型枠もまだ外せないので昨日~今日は農作業が出来るとばかりに畑に飛び出し、準備しておいた畝に『そらまめ』を40株も定植しました。来年の5月頃には、ビールのおつまみに活躍しそうです。
Dscn0616 続いて『えんどうまめ』。これも40株ばかり定植しました。来年春は豆ご飯がたらふく食べられそうです。
Dscn0622 続きましてたまねぎは赤と白。11月6日に定植していた赤500株と白150株に追肥をし、そしてまだ苗床に残っていた200株近い赤を定植しました。
毎日たまねぎサラダを食べても食べ切れそうもありません。
Dscn0612 それから、里芋畑は、すっかり葉も落ちて土の中では芋が出番を待っています。全部で40株近くあるのですが、とりあえず10株だけ掘り起こしました。
Dscn0614 里芋のことを小芋とは良くいったもので、"親芋に抱かれるように”分かれた芋が連なっています。今年の春に3cmほどの種芋を土に蒔き育てた結果、バスケットボールの大きさほどの芋達の塊になって(画像)驚きます。
Dscn0638 そしてそして、一番気になっていたことがこれです。周囲の田圃は全て田起こしが済んでいるのにマイ田圃のみは刈り取ったままの状態で目立ってしまっていたのですが、この時ばかりと片付けることにしました。
トラクターの運転席からはUさんがユンボで基礎の周りの土を片付けてくれていますが、私は来年に向けて田起こしをし、また美味しいこしひかりを造る準備です。

さあ、明日はまたログの基礎の型枠外しなどをするつもりです。

#もうひとつ農作業で気になっていることに、トマト・とうがらし類・ナスの残枝処理。なんとか年内に処理するつもりです。

2008年12月12日 (金)

いよいよ、基礎も完成間近です

Dscn0603昨日までに、布基礎部分の型枠作りとアンカーの配置などが終了し、いよいよ本日はコンクリート打ちです。
ミキサー車に2㎥のコンクリートを手配しました。2トンダンプも手配したかったのですが出払っているとの事で、高台にある我がログサイトへは、途中までのミキサー車に軽トラで迎えに行きそこからピストン運転です。後はスコップでユンボに移し変えてバケットで型枠の中に流し込んでいきます。Uさんの指導でバケットを受けるための皿をコンパネで作っていたので15cm幅の型枠の中にドドドッ流れ込んでいきます。
Dscn0604 スコップで均した後、バイブレータで生コンを締め固めます。
昔はこの作業を棒で突いていたそうですが、バイブでやると簡単に生コンが締まって行きます。
Dscn0609 事前に水糸と釘でレベル出しがしてありますので、それに揃えてコテで高さを出していき、2m毎に配していたアンカーボルトと強度計算にて必要とされるホールダウン金具の高さを調整しました。
Dscn0608 そして最後に天端ビスを刺して本日の作業は終了です。
ここに天端レベラーといって、ミルク状のモルタルを流し込む訳ですが、これは明日、応援団が何人か来て、私の留守の間にやってくれるとの事。感謝です。
来週は、いよいよ型枠を外して基礎の完成となります。

2008年12月10日 (水)

基礎工事・続き

Dscn0581先週は、基礎工事の山場であるベースのコンクリート打ちでした。
ということで、今週は、その続きとなる布基礎部分の型枠作成とアンカーボルトの据付です。
ベースのレベルがきれいに出ているので、型枠は調子よく設置していけます。
Dscn0580 基礎作りの為の、特殊なパーツは、「なるほど!」と思える機能的なものです。
画像は、『丸セパ』と『ろうそく』と呼ばれるセパを固定するパーツです。コンクリートの圧は相当のものですから、それを支える為に、このセパは必須です。
Dscn0585 これを使って内外の型枠を固定していきます。型枠の高さは45cm、布基礎は40cm+レベラー2cmにする予定です。
Dscn0586 そして昨夕、Uさんの知人にお願いして、『鋼管バタ』をお借りしてきました。4mのバタを12本も軽トラに積むとフラフラ運転です。宮津から大江まで覆え山の峠をゆっくりと抜けて帰ってきました。
Dscn0592 昨日取り付けた『ろうそく』の上に『鋼管バタ』を置き、抑えの金具を金槌でたたいて締め付けていきます。
Dscn0596 内外に配すると、頑丈な型枠の完成です。
Dscn0598 そして最後に、アンカーボルト(真ん中)、引き寄せ金具(左)、スペーサー(右)です。
アンカーボルトはコンクリートに24cmは埋める必要がありますがそれで土台の固定は完璧です。引き寄せ金具は更に36cmも埋めますので柱はこれでビクともしません。スペーサーで布基礎の鉄筋を15cmの基礎厚の中心に配しますのでしっかりした基礎が出来上がります。

プロ顔負けの基礎工事だと思いませんか?
安心安全の家はこんなふうにして作られるんでしょうね。

2008年12月 4日 (木)

えび芋簡単料理

Dscn0573先日、えび芋収穫を報告させていただきました。
その後、何人かにえび芋を食べていただいていますし、またご注文も多くの方から頂いたりしています。勤めていた会社の仲間、テニス仲間、教会の方々、近所の方々が主なところになりますが、4日前に、麻布十番の京野菜の割烹のお店から連絡がありました。夏に「万願寺とうがらし」を送ったところ、気に入っていただき、それではということで、「えび芋」を今回は送ることにしました。(実はミシュランガイドブックにも登場するお店なんですよimpact
夏の土入れ管理があまり出来ていないので形は海老になっていないのですが、土壌がいいんでしょうか、私が言うのもなんですが、味は絶品です。
Dscn0570 えび芋といえば『いもぼう』が有名な一品ですが、時間と手間がかかります。そこで、今宵は画像のような簡単レシピで味を楽しみました。
まずは材料:えび芋、はくさい、たまねぎ、にんじん、月桂樹(・・・これらは全て我が家で取れたものです)、しいたけ、えのき、ベーコン、鶏肉
作り方:野菜と肉類をサラダ油で炒めた後、コトコトと煮る。コンソメを溶かし、適当に砂糖と塩で味を整え、さらにコトコト。。。
適当なとところで、味を確かめ、出来上がり。
今回、えび芋の親芋を入れましたが、煮崩れもせず、まろやかな歯ざわりで、やっぱり美味しいなぁ・・・と確認しました。

今日も一日、寒い中、ログ布基礎の型枠作りに明け暮れましたので、このえび芋ポトフは、日中の体を癒すものとなりました。

2008年12月 3日 (水)

基礎工事~山場を迎えました

Dscn0530鉄筋組みも終了し、いよいよ基礎工事の山場が到来しました。昨日から今日にかけ、ベースコンの型枠を組み、提出用の写真撮影も抜かりありません。
ここまで3週間、Uさんと一緒にほぼ毎日土方作業をしてきた訳ですが、本日の午後、生コン車とポンプ車を手配していました。
Dscn0532 そして、予定通り13:00に生コンが到着です。レベルチェックしたりで、ぎりぎりまで作業していたため本日の昼食はカップ焼そばの、それも立ち食い状態でした。
Dscn0533 建設地は高台になるため、ポンプ車がブームをめいっぱいあげて、ギリギリ届きました。
Dscn0540 いよいよ、生コン投入です。ホースから、ドッドッドっと生コンが流れ込み、Uさんが手際よくバイブレータで撹拌していきます。
Dscn0560 私も、木ゴテで、コンクリートの表面を出していきます。
Dscn0561 そして夕方には、画像のような素晴らしい出来栄えのベース基礎が誕生しました。数日かけて乾かした後、次の工程は、この上に布基礎の立ち上げを行うことになります。何が嬉しいかといいますと、少しずつですが思いが実現していることと、しかもそれが、専門業者によるものではなく、全て手作りで、ドロドロにはなりながらですが、自らの手足で進んでいることです。これは決して一人では実現できるものではなく、Uさんが大いに力を貸していてくださることで、大変感謝しています。

2008年12月 2日 (火)

毎年の・・

Dscn0509昨年も同じような記事を書いたと思いますが、・・・。
9月初旬に種を蒔いた大根が今年も立派に成長しました。家族で食べたり、街の皆さんに食べていただいたり、田舎では最近は毎晩のように鍋とかで食べています。
そして、昨年も美味しく出来て好評だった大根の漬物を作ることにしました。
7本ばかり掘り出して計ったら丁度10kgありました。
Dscn0511 まずは、大根の皮をむき、塩を300g程を、擂りこみます。
そして、樽の中に順番に並べていきます。
Dscn0513 そして、葉の部分も漬けると美味しく頂けますので上に順番に乗せていきます。200g程度の塩をまぶします。
後は10kg程度の重石をして10日ほど寝かせます。せいが出てきますが、時々居住まいを整えてあげます。
また10日後位に続きをログリます。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック