フォト
無料ブログはココログ

« 春がやってきた香りです | トップページ | きのこ栽培教室イベント準備 »

2008年3月 1日 (土)

ブログをはじめて一年が経過・・

Dsc_0007昨日で、ブログ開設一年を迎えました。早いものです。はげましなど多く頂きありがとうございます。
そして優游をめざし、田舎をめざして、はや10ヶ月です。

毎週京都-大江間を車で移動していますが、大江の実家にほど近い綾部から福知山に抜ける名も無い峠の両側に石碑が建っています。
ひとつ(左)には「役是北丹後国加佐郡」、もうひとつ(右)には「役是東丹波国何鹿郡」と彫られています。今ではそれぞれ「福知山市」と「綾部市」で分けられています。
そこで、水上勉「日本の風景を歩く-丹波・丹後」を読み返してみました。

Photo_2 作者は福井県おおい町(おおい町は今アメリカ大統領選挙に乗じて有名になろうとしている(?)小浜市の西に位置します)の出身であり、氏は『そこからは舞鶴や宮津は山の向こうにあるいくつもの都と空想』していたそうです。宮津などは随分にぎやかなところで、その異国情緒のある所をいつも瞼に浮かばせていたとあります。
さらに読むと、丹後はもともと「丹波国の北部の加佐郡・与謝郡・丹波郡・竹野郡・熊野郡」の5郡を割いて『丹後の国』に和銅6年に置かれたとあります。私の実家は今では福知山市ですが加佐郡に属しますので丹後となります。そこには酒呑童子で有名な大江山を中心に日本三景の天の橋立、「安寿恋しやほうやれほ・・」と悲しくも辛い森鴎外の『山椒大夫』、鎌倉幕府から南北朝においては綾部が生誕の地とされる足利尊氏の遺跡であったり、わが祖先もそこに加担し、その面影が残っていたり、明智光秀によって築城された福知山城、その娘細川ガラシャが幽閉された味土野・・などなど訪れてみたいところはいっぱいあります。
これからすこしづつ時間を見つけて、いにしえの旅なども面白いと思っています。
Dsc_0002 Dsc_0001

« 春がやってきた香りです | トップページ | きのこ栽培教室イベント準備 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/10846541

この記事へのトラックバック一覧です: ブログをはじめて一年が経過・・:

« 春がやってきた香りです | トップページ | きのこ栽培教室イベント準備 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック