フォト
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

春がやってきた香りです

Pict7921大江の家は谷あいにあるので、なかなか雪が解けません。しかし昨日今日とぽかぽか陽気でようやく裏庭の畑の雪もだいぶんなくなりました。午前中、雪から開放されたほうれんそうと小松菜、菜の花に追肥を与え、中耕した後、土手を散策したところ、雪解けの合間からふきのとうがたくさん芽を出していました。これで私は感じることができます・・・「春が来た・・・」と。

私はこれが大好物で、早速今宵丁寧に洗って湯がいた後、味噌と和えました。味噌は大江のKさんから「手前味噌よ!」と頂いた自家製のものです。

とっても美味しく出来ました。明日、あつあつの白ご飯にのせて食べるのが楽しみです。
Pict7923

2008年2月28日 (木)

急に暖かく・・・

Pict7913今年は雪が多く降ります。宝ヶ池のおしどりは数が増えたように思うのですが・・・。京都市内も雪、大江は吹雪、となると帰る気持ちが失せて火曜日は京都で”はな”と散歩を楽しんだりホームセンターで農業資材をチェックしたりしていました。しかし、いつまでもそうはしておれず、水曜日には大江に移動しました。案の定吹雪き!寒さも厳しいです。しかし、一夜明けて今日、2/28(木)は陽射しは汗ばむほどの暖かさを運んできました。
Pict7912 今年は本格的に野菜作りに取り組もうと思っておりその第1弾の準備の時を待っていました。
トマト・とうがらし類・ナス、これら全て『ナス科』です。今までこれらは5月頃に苗を買って育てていましたが、今年は種からのチャレンジです。ダメなら苗を買い直せばいいという軽い気持ちです。しかし、これらの発芽温度は20~30℃です。いくら暖かくなったと言っても10℃前後。これでは芽も出ません。そこで、準備してあった育苗用のビニールハウスに座布団大のホットカーペットを入れて、その中にトロ箱を置き、種を蒔きました。
Pict7918 昨年、農大で収穫した『万願寺とうがらし』から自家採取した種もあります。
さあ、種がうまく芽吹いてくれることを祈ります。そして収穫できるまでの報告が出来ることを期待しておいてください。
#収穫物そのものが欲しい? そんなご用命も伺えるようになれば幸いです。

2008年2月25日 (月)

8ヶ月ぶりに・・

Pict7895昨年6月に会社を辞めて以来、東京に行くことなどはトンとありませんでしたが、会社の仲間の結婚式&披露宴に招待いただきましたので、昨日は8ヶ月ぶりに行ってきました。場所は表参道のチャペルで、100人以上の盛大なものでしたが、私が所属していた部門からは約40人全員が参加と、足並みが揃い日頃鍛えた理想的なチームワークを発揮していました。余興では、その日の挙式の様子をリアルタイム画像として心地よくプロモーションしつつ、コブクロの”永遠にともに”を同僚全員で合唱するものです。このイベントは定番になっており、メンバーは少しずつ新しくなるもののこの日のために事前に何度も練習し、そこに参加された方々に感動を与えるものです。今回も上出来で、周りの方から「とってもよかった!」と絶賛されていました。私も毎回目頭が熱くなってしまいます。是非とも会社の定款に「ブライダルビジネス」を加えていただき、ブライダル事業部を立ち上げてください。成功間違いなしですよ。上の画像は、式後、表参道の駅で記念に写したものです。
Pict7897 その足で神楽坂に移動し昔からの仲間達と飲み会が始まりました。気の置けない人達とのお酒はついついすすんでしまいます。かなり・・・・・飲んだようですが?
Pict7899 翌日の今日、U村さんが浅草めぐりに付き合ってくれました。前に雷門までは行ったことがあるのですがそこから先には行ったことがなかったので予てから行ってみたいと思っていたのです。”仲見世通り”~”浅草寺”~”はなやしき”~お年寄りの長蛇の列の”浅草演芸ホール”を眺めながら「大変なこといろいろあるけど平和ですねえ」などとつぶやきながらお昼に鰻を食べてお土産に「舟和」の芋羊羹を買って帰りました。
Pict7907

2008年2月19日 (火)

バッタ再登場!

Photo_41月16日のブログ「田舎のお土産」でバッタのおまけを登場させていました。先日”まやさん”からあのバッタの作り方教えてくれませんか?と問い合わせを受けました。幼稚園の園児達に作ってあげたいとの事。
ログハウス予定地の開墾現場で、そこに生えていた棕櫚の木を倒したとき、農文協が発行している『現代農業』の記事に棕櫚でバッタを作ろうというネタがあったので、作ってみたのです。画像で見るとかなりリアルなバッタが出来上がるのですが、実物を見ても特に足の部分など本物そっくりなのです。
そこで、ここにその記事を貼り付けさせていただきました。普通のお家には、特に街の人達には棕櫚の葉っぱなどまず手に入らないでしょうが、もし手に入るようであれば作ってみてください。結果にかなり満足できると思います。

記事をクリックすると拡大します。down

Img009

2008年2月17日 (日)

卒業して30年も・・・

Pict7853久しぶりに大阪は心斎橋に行きました。大学時代は堺に住んでいましたので遊びに行くとすれば難波か心斎橋でしたが今は京都に住んでいますので、大阪まで出ても梅田止まりでした。せっかく心斎橋まで行ったので戎橋まで足を延ばし橋の上から有名な「一粒で300m!」の看板をカメラに収めてきました。戎橋は通称「ひっかけ橋」とか「ナンパ橋」とか言われていますね。私も学生時代に”オカマちゃん”に声を掛けられたのを思い出しました。(コワッ・・
阪神ファンが大騒ぎする場所でもあります。

さて、心斎橋ですが、今年になって1月に昔の友達からメールがありました。「久しぶりに会わへんか?」・・・。実は私も同じ事を思っていたのですが、今年は大学を卒業して30年目なのです。30年といいますと長いように思いますが振り返ってみますとアッという間のようにも思います。グリコのキャラメルは一粒食べて300m走れるエネルギーが含まれているといわれますが、意気揚々と大学を出て社会に飛び出しドワァ~!と脇目もふらずに走ってフット気がつくのが30年くらいかもしれません。人それぞれ個人差はあって、私はちょっと早い目に会社人をリタイヤしましたが、飲みながらの話題は「子供がまもなく手を離れるので僕もあと数年でフリーや」とか、「去年孫ができてん。土日は孫を抱いてる。」とか、今までとは違ったエネルギーを補給して今までとは違った生き方にシフトチェンジしていく頃なのでしょうか。ま、私以外は皆な会社の中で重要で責任ある立場で過酷な業務をもう少し続けることになりますが、私は私で春からはおいしいお米とおいしい野菜を作り丸太小屋も一歩一歩作り上げていこうと元気を貰った次第です。
これからも時々会って楽しめればと思いますので、とにかく健康には気をつけましょうね。
Pict7854 Pict7855

2008年2月13日 (水)

大雪注意報

Pict7819どうも風邪の後遺症として咳が止まらずに大江に行くのもやめて京都で過ごしています。天気予報によりますと京都北部は大雪注意報が発令されています。そして京都市内も雪景色です。
上の写真は国際会館前で、全国高校駅伝の折り返し地点になる場所です。
Pict7823Y!天気予報をチェックしたら京都市内も大雪注意報が発令されていました。 『警報』は「重大な災害が起こる恐れがある場合」、『注意報』は「災害が起こる恐れがある場合」・・・ですが、京都北部と京都市内の発令の基準を調べてみましたところ、

       大雪警報        大雪注意報
京都市内 24H降雪15cm(平地)  同5cm
京都北部 24H降雪40cm(平地)  同20cm
・・・だそうです。ということは大江は20cm近く雪が積もっているんでしょう。無理して行っても外仕事できないし、JW-CADで、丸太小屋の図面作りでもすることにしましょう。
今朝の”はな”との散歩道(宝ヶ池公園)の雪の画像もUPしておきます。KBさんからのリクエストもいただいたことですし :-)
Pict7827 Pict7836 Pict7839 Pict7812

2008年2月 9日 (土)

基礎から学ぶログハウス教室・その7

Pict7808 Pict7806 Pict7803 Pict7802京都北部は雪が降ったりやんだり・・・。我等、『田舎暮らし応援団』は元気です。「サッブ~~~・・・」とか「足ツメタ~~~・・・」とかいいながら朝からせっせと仕事をします。
今日は前回に続き床張りです。
では、その工程ですが、①の画像のように自動カンナで材の表面を削ります。実はこのカンナ今回初お目見え。前週までは電動カンナで削っていました。多量の作業となるとこいつは心強いです。②はカンナ掛けされた材の幅をそろえるために精密に冶具で寸法を測り電ノコで切り落としていきます。そして③のように相じゃくり加工を施します。最後に④にて長さをあわせて収めます。おっと肝心の収めるところの画像を忘れていました。②③を担当していたもので、④以降の作業を見に行く時間があんまりありませんでした。
そして、今日もあっという間に薄暗くなってしまいました。来週に続く・・・

2008年2月 8日 (金)

農大・Appendix

Pict7797_2 昨日福知山・綾部在住のメンバーで農大に行きました。
メンバーの一人”I田さん”から、「使わせてもらった圃場が使いっぱなしやし、後片付けしたいんやけど」という声かけからでした。最後の最後まで収穫させてもらった私も、出来ればきれいにして農大の学生さんや研修生の方に引き渡したいと思っていたので6-7人のメンバーに連絡し、皆な喜んで集まりました。
ブロッコリー・カリフラワー・春菊などが"木"の状態になっており、鍬と鎌で片付けました。
そして帰りに”えび芋”の種を頂戴してきました。畑のものを片付けて捨てに行った場所にこれらも処分されていたものですが十分種として生かせそうです。
早速トロ箱に籾殻を入れ保温できるようにして春を待つことにしました。7-12℃の環境で保存しないと腐ってしまうといわれています。

昨年、”どっちなん?”で戸惑いましたが今年は大丈夫!立派なえび芋を育ててみましょう。楽しみにしていてください。

2008年2月 6日 (水)

待遠しいもの

Dsc_0017数日前から関東方面は雪で混乱しているようです。そして京都北部も雪マークが出たままなので厳しいかなと思いつつ、今日移動しました。
しかし、予想外で陽射しが暖かく春を思わすような雰囲気が漂っていました。写真は”ろうばい”でしょうか?田舎の家の上がり口に花びらを開いていました。
2月になって間もないので、まだまだこれから厳しい寒さは続くと思いますが束の間の時です。
足元にも目をやってみました。
Dsc_0026 大きな”ふきのとう”がひとつだけでしたが顔を覗かしています。待遠しい春の足音が聞こえた気がしました。”ふきのとう”の味噌和えはわたしの好物のひとつです。暖かい白ご飯に苦味あるこれをちょっとのせて口にするときの幸せ感は最高です。
まもなくこれがいただけると思うとワクワクしてきます。
まわりに目をやってみますと・・・
Dsc_0029 昨年11月にマルチングして直植えした”えんどうまめ”がこの前まで雪の中で寒さに耐えていましたが健気にも元気に頑張っています。
Dsc_0027 ほうれんそうも雪の中から元気に現れましたが、もう少し間引きしてやらねばなりませんね。
Dsc_0030 そして、近くの由良川は穏やかに滔々と流れていました。まもなく河岸は緑で満たされることでしょう。

2008年2月 4日 (月)

いただきもの

Pict7774 先週、農大に最後の収穫に行ったことをお伝えしましたが、その時先生にお会いして今年の野菜の栽培計画のご相談などをさせていただきました。そして、厚かましくもお誘いを受け先生のお宅におじゃましました。

そして奥様から「食べてみてください」とお土産にいただいたのが、この写真の『米粉パン』です。

研修中に先生が一度持ってきてくださり、その時もとても美味しくいただき、作り方などを聞いていたことを覚えていてくださったようです。

昨日京都に持って帰り家族みんなで食べましたが大好評!   食感ですが、歯ごたえがしっかりして、もちもち感があり、味わい深いです。

お米を作っている私としては米食中心であるべきと思うのですが、時にはパンも食べたいしラーメンも食べたいものです。そんな時に米粉パンは最適ですね。

日本の食料自給率はカロリーベースで39%の今。実は穀物のそれは20%台です。小麦・大豆はほとんどが海外からでお米だけがかろうじて100%に近い状況です。であればお米で作ったパンは私たちにとって選択すべき第一のものではないでしょうか。しかも美味しいですから。

このところ、中国からの冷凍食品問題で騒がしいですが、食材だけでなく加工食品までもが海外に頼り危うい日本になっています。これらのすべての原因は厳しい競争社会の中での効率化・低コスト化と、食に対する無頓着な姿勢が招いているものと思います。

国に頼っていて改善されるなどという甘い考えは通用しないと思います。まだ間に合いますし私たちが自分自身の問題として捉え姿勢を改めていくべきと思います。

米粉で作ったラーメンもあればいいですね。・・・って書いた後ググッたら、ありますあります、米粉ラーメン、米粉うどん、米粉お好み焼き、米粉クッキー・・おもしろいです。

2008年2月 3日 (日)

田舎暮らし応援団新年会

Pict7724ちょっと遅めでしたが、「田舎暮らし応援団」の新年会が開催されました。
現在、会員25名で構成されています。老若男女、元気一杯が取り柄です。本来田舎暮らし応援団の目的は、『農村の知恵に学ぶとともに、農村が保有する多くの資源を会員の創意と工夫で年農村交流に生かすことにより、地域の活性化と豊かで快適な農村をつくること』です。そして2008年度の年間計画案が提起され、それについて議論したのですが、「棚田の米作り体験」「きのこ栽培道場」「チェーンソー木工教室」「ほたる祭り」「そば道場」「棚田の里の雪景色のキャンドルライトアップ」などなど・・・
楽しい、そして有意義な企画が続々と登場します。是非とも皆さん参加して欲しいし、こんなことしたらいいよ!と提案ください。待ってます。

出席の皆さん、アルバムをアップしておきましたので、見てください。

2008年2月 1日 (金)

風邪の友

Pict77153日前に「ゾクッ・・」としたのが始まりです。ここ何年かは風邪などひいた事ありませんでした。一昨日、白菜の収穫に行ったときも調子が優れず既にコンコンと咳が出始めていました。
薬などあまり飲まない私ですが、ま一応気休めにとドラッグストアで”咳と喉の痛みに”、と書かれた風邪薬とのど飴を買って帰りました。そして庭に生っているみかんを捥ぎ、昨日と今日は炬燵に入って暖かくしそのみかんを食べています。
これもいつものように放任のみかんです。ここ2年ばかり肥料など与えたことはありません。ましてや農薬など関係ない世界です。太陽のエネルギーと秋まで生い茂っていた雑草と落葉を糧に実をつけているのでしょう。先日も知り合いの方達にお分けしたところ、「そうそうこれがみかんの味やねえ!」とたいそう気に入ってもらいました。見てくれは良くないし皮もゴワゴワしていますが、味が濃く程よい酸味もあって風邪の友には最適です。おかげで峠は越したように思います。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック