フォト
無料ブログはココログ

« 八坂神社・西桜門奉祝! | トップページ | インフルエンザが早くも襲来 »

2007年12月 2日 (日)

京都の秋の・・・

Dsc_0717京都はすっかりと秋につつまれました。画像は朝夕の散歩道である宝ヶ池公園です。
そして、『京都の秋の・・・』とくれば、『・・夕暮れは、コートなしでは寒いくらいで丘の上の下宿屋はいつもふるえていました』となります。
丁度私が京都市内の予備校に通っていた浪人時代はフォークソングが全盛であり、その中で大好きだった唄が加川良の『下宿屋』であり、高田渡の『コーヒーブルース』でした。私がお世話になっていた下宿屋は3畳の広さしかなく机があるだけで、夜布団を敷くと足の踏み場が無いほどで、この唄と自分を重ねてみていたようです。

そして、今日YouTubeから流れる下宿屋を見つけ何度も何度も聞き返しました。あの頃から、もう35年近くにもなりますが、加川良は歌い続けているんです。是非聞いてみてください。感動ものですよ。忘れかけていた何か原点のようなものを思い起こしてくれるように思います。

そして近いうちに三条堺町のイノダコーヒーに久しぶりに行こうと決めました。

下宿屋

作詞・作曲:加川良

   京都の秋の夕暮れは コートなしでは寒いくらいで
   丘の上の下宿屋はいつも ふるえていました
   僕はだれかの 笑い顔が見られることより
   うつむきかげんの彼を 見つけたかったんです

   ひもじい気持ちも あまりに寒いせいか 感じなかったようです
   ただ たたみの上で 寝ころびたかったんです
   やさしすぎる 話のうますぎる 彼らの中にいるより
   うすぎたないカーテンのむこうの 裸電球の下に 
   すわりたかったんです

   彼はいつも誰かと そして何かを待っていた様子で
   ガラス戸がふるえるだけでも 「ハイ」って答えてました
   その歯切れのいい言葉は あの部屋の中にいつまでも
   残っていたし

   暗やみで何かを待ちつづけていた姿に 彼の唄を見たんです

   湯のみ茶わんにお湯を いっぱいいれてくれて
   「そこの角砂糖でもかじったら」 って言ってくれました
   その時「ありがとう」と答えて うつむいたのは
   胸が痛み出したことと 僕自身の後ろめたさと・・・

   かわききったギターの音が 彼の生活で
   そして 湿気の中にただひとつ ラーメンのこうばしさが
   唄ってたみたいです

   不精ひげの中から ため息が少し聞こえたんですが
   僕にはそれが 唄のように聞こえたんです

    一杯呑み屋を 出てゆくあんたに
    むなしい気持ちが わかるなら
    汚れた手のひら 返してみたって
    仕方ないことさ
    あせって走ることはないよ
    待ちつかれて みることさ
    ため息ついても 聞こえはしないよ
    それが 唄なんだ

   僕が歩こうとする道にはいつも 彼の影が映ってたみたいです
   小さな影でしたが 誰だってその中に入りこめたんです
   それから 彼の親父が 酔いどれ詩人だったことを知り
   今僕が こうしてるから 彼こそ本当の詩人なのだと
   言いきれるのです

   新しいお湯が シュンシュン鳴った時 ラーメンをつくってくれて
   そして ウッディやジャックを 聞かしてくれたんです
   それから僕が 岩井さんやシバ君と会えたのも
   すべて この部屋だったし すべて 僕には唄だったのです

   何がいいとか悪いとか そんなことじゃないんです
   たぶん僕は 死ぬまで彼になりきれないでしょうから
   ただその歯がゆさの中で 僕は信じるんです
   唄わないことが一番いいんだと 言える彼を

    一杯呑み屋を 出てゆくあんたに
    むなしい気持ちが わかるなら
    汚れた手のひら 返してみたって
    仕方ないことさ
    あせって走ることはないよ
    待ちつかれて みることさ
    ため息ついても 聞こえはしないよ
    それが 唄なんだ


« 八坂神社・西桜門奉祝! | トップページ | インフルエンザが早くも襲来 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/9221852

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の秋の・・・:

« 八坂神社・西桜門奉祝! | トップページ | インフルエンザが早くも襲来 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック