フォト
無料ブログはココログ

« 菌床椎茸栽培 | トップページ | ジングルベルが・・・ »

2007年12月13日 (木)

ぎんなん

Dsc_0770農大でご一緒した仲間から「ぎんなん」をいただきました。
殆どの小学校の校庭にはいちょうの木があると思います。そして秋には実が熟して落ち、あたりが臭い臭い状況になります。だから子供の頃はあんまり近寄らなかったいちょうの木ですが、それなりの年になると一杯飲み屋のおつまみの「ぎんなん」はお薦めの一品であり、その観点より親近感を覚えます。
京丹波にある妙行寺というお寺でしたですね。そこのいちょうの木は樹齢300年以上で、昔お隣が大火事になったとき、このいちょうの木が実った水分たっぷりのぎんなんでお寺への類焼を防いだと伝えられている、云わばお寺の守り木なのです。そのありがたいぎんなんをたくさんいただきました。
そして食べ方まで教わりました。普通フライパンなどで炒っていただくイメージですが、「茶封筒にぎんなんを入れ、1-2分電子レンジで「チ~ン」すればいいと。
早速やってみました。レンジの中で、「ボン・」「ボン・・」とはじける音がします。
そして、画像のように美味しいぎんなんをいただくことが出来ました。
ご馳走様でした。

« 菌床椎茸栽培 | トップページ | ジングルベルが・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/9388483

この記事へのトラックバック一覧です: ぎんなん:

« 菌床椎茸栽培 | トップページ | ジングルベルが・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック