フォト
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

八坂神社・西桜門奉祝!

Pict7218今日、税務署に『個人事業開業届出書(農業)』を提出に行きました。今年は前半は給与所得者として、そして今現在は失業の身ですが、近々正式に農業者として頑張りますと言う意思表明でもあります。そして農業を開始するにはトラクタとかの設備が必要であり初年度は確実に赤字です。総合課税で申告をすれば少しでも節税につながると言う判断です。

そして届出をした帰り道、八坂神社の前を通ったら、西桜門の修理工事完成の奉祝行事が開始された場に遭遇しました。ここ一年ほど工事の枠組で覆われたいた門が今日は艶やかに輝いていました。紅葉にもなんとか間に合ったでしょうか。そして大晦日から年始にかけて多くの人を飲み込む門が装い新たに姿を見せました。
まるで私の農業人生の門出を祝すかのように・・・・と勝手に結び付ける私でした。

2007年11月29日 (木)

ワンセグチューナ

Dsc_0682¥4,980.-という価格についつい手が出てしまいました。USBでPCに差し込むだけでワンセグ放送が受信できます。
早速チェックしましたが、感度良好!これで屋外でも気楽にTVを楽しむことが出来ます。アウトドア派にお薦めのアイテムです。

しかし、見たいTV番組はもともと少ないし、それにせっかくのアウトドアでTVを観るっていのも、どうかと思うけど・・・。

2007年11月27日 (火)

ひっそりと・・・

Pict7173今は田圃もひっそりとしていますが、9月2日に刈り取られた稲の株元から、再生茎(ひこばえ)が出てまた緑化しています。二期作の始まりは、再生茎(ひこばえ)についた稲穂を収穫したことが始まりだと聞きました。
12月になればここにトラクターを入れ、田起こしをします。コンバインで刈り取った際、稲藁が撒き散らしてありますので、それを有機肥料として鋤きこむことになります。来年のお米の準備がまもなく始まります。
そうそう、ここでお礼を言っておかねばなりません。今年、初めてのお米を販売できればと400kg程準備しておいたのですが、ほぼ完売状態で、まだ追加をいただいたりしています。また、一度買っていただいた方から、「美味しいのでまた売ってください」とリピートがはいったりしてくるのも嬉しい限りです。食べていただいた皆様ありがとうございました。来年はもっと気持ちこめて最初から最後まで自力でやろうと思いますので、またよろしくお願いします。
Pict7090 Pict7213 ところで、左の画像は、農大で収穫した赤色の万願寺とうがらしの種をとり、千切りして乾かしているところです。右には、乾いたとうがらしに昆布を混ぜ、醤油とみりんで味付けをしたものです。台所にゆずが転がっていたのでそれもあしらってみました・・・・『美味です!』今晩のおかずに加えました。これで熱燗をキュッとやるのも最高でしょう。

2007年11月25日 (日)

先祖考

Pict720711月の最終日曜日は、先祖考と言って、近くに住む同族の者が集まり、今年は豊作だったとか、水害で被害がどうだったとか、古き昔我が一族はどうだったとか、来年は山の整備をしようとか、集まって(・・・と言っても今は五人なのですが)、お酒を飲みながら話をする会があります。昨年の先祖考で、「来年は山の祠の屋根をメンテナンスしましょ。」と決めていたので、朝から集まって屋根のペンキを塗り替えました。
これで7年は持つやろということで、屋根は当面大丈夫、じゃ来年は木部の補修をしましょ、と決まりました。こんなふうに、ゆったりと時間が流れていきます。そんな中から一族の絆も持続しているように思います。
Photo 私の先祖を辿っていくと、元は播磨の国の出であり、ある時分かれて丹波丹後の国に移って来たとの記録が残っています。
今、私がここにいるのも元はこれらの先祖の働きがあってのものですし、将来の末裔を思うとき、今出来ることをやっていきたいと思います。

『悪党の裔』(北方謙三)に当時~室町時代の頃~の先祖の働きが小説として残っています。

Pict6557
室町時代といえば、足利尊氏。

尊氏生誕で知られる丹波安国寺も近くにあります。

2007年11月24日 (土)

基礎から学ぶログハウス教室・その2

Pict7192教室3日目です。前回はログベンチを作りましたが、今回からログテーブル&ベンチ作りです。
材料は杉ですが、見てください!直径(元口)45cmで3mのものを作ろうと言うプログラムです。チェーンソーのバーもこの太さに一回では対応できませんし、6人がかりでも持ち上がりそうもありませんので移動にはユンボの力を借ります。画像の材が天板になる部分です。今日は材置き場でのハーフカットとその運搬、それから基礎に収まるベースになる材のフラットカット等で一日を終えました。来週(・・は都合で私は休みますが)、およびその次位での完成をめざします。
Pict7203 私が、このログサイトで注目しているツールにこのログソールがあります。チェーンソーに付けるログミルは購入されたものですが、ログソールは自作です。画像は後ろに移っている建築中のログハウスの垂木材を加工しているところです。正確に厚みを保ち次々と出来上がります。マイログもタイコ材を多く必要とする予定なので、このツールは必須です。是非自分でも作ろうと思っています。
Pict7200 それから、おまけ画像です。スクールの仲間に猟師さん(?)がおられ、捕れたての『鹿の肝臓と心臓』の差し入れがありました。見た目ちょっと・・?・・~・・と最初遠慮したのですが、話の種にと肝臓を一切れパクっといただきました。塊を見て、ちょっと・・・と思い、切り身を見て、まあ遠慮しとこ・・・と思いましたが、皆美味しい美味しいと食べているのでと食べてみたのですが、焼肉屋のレバサシと同じ味でした。美味しかったです。

2007年11月23日 (金)

庭木の剪定

Pict7176今日は叔父二人が大江の家に来てくれました。
毎年今頃、庭木の剪定に来てくれるのですが、今年は私も一緒に手伝わせてもらい、今後、家の庭木の剪定くらいは自分で出来るようになりたいと思っています。
中央後ろに御用松、前には山茶花、左に月桂樹、右には杉と檜の垣根、奥には柚子が見えますが、あまりの放任に、裏山と同化しています。枝も跳ね回って、山が庭まで迫っている様です。
柚子はこの前から数百個は収穫したのですが、高木になり上の方はとれずにそのままです。月桂樹はシチューなど煮込み料理に入れるととてもいい香りと味がして重宝しています。
朝9時から初めて夕方4時まで3人でせっせと刈り込みました。
#今日は福知山マラソンの日で、家の下の道をランナーが走り抜けるので、ちょっとの間応援しに行きましたけどね・・
Pict7180 綺麗になりました。

#山から、ういて見えるようになったと思うのは私だけでしょうか・・・

御用松はそれぞれの塊を上を平らに、下向いているのは切り取りました。山茶花は本当は7月頃が選定時期だそうです。今、花と蕾がいっぱいついているので、今切るとそれが台無しです。でも今年の花はあきらめて、刈り込んでやりました。
花も野菜もそして庭木もおんなじで、手を入れてやれば綺麗になりますし、元気になります。
これからはもう少し構ってやろうと思った次第です。

2007年11月21日 (水)

清々しい朝です

Dsc_0624昨晩の雨の後、今朝は冬が間近に迫った比叡山のすがすがしい姿です。
先日、『かぐや』から送られてきた素晴らしい地球の姿を目にしました。かぐやは別名『セレーネ』ですが、昨年JAXAは『セレーネ・月に願いを!キャンペーン』を実施、名前とメッセージを送れば、それをセレーネのシートに刻み込んで月を周回してくれるというものです。私ももちろん申し込んでいましたので、今回の地球の美しい姿は、私のメッセージもリアルに地球を観たことになりますね。美しい地球を永遠に・・といったメッセージを送ったと記憶しています。
Serene2 

左の写真はセレーネと、メッセージが書き込まれた場所です。(JAXAの報道によると41万人分刻まれているそうです)

今朝は空も澄み、朝日がまぶしいほどに宝が池公園を照らしていました。毎朝、毎年、この美しい自然を、地球を眺められる環境を持続したいと思いますし、その為に私たちが出来ることは何かと思い続け、実行していきたいと思いました。

Dsc_0568
同じ宝ヶ池公園の秋は、愛犬「はな」も好きそうです。

2007年11月18日 (日)

農業大学校・その16

Photo 今日は農大はお休みでしたが、叔父の家に訪問する時、お土産として収穫した野菜を届けるためちょっと寄ってきました。あまりにもBIGな、見事な野菜に仕上がったのでついつい記念写真をとりました。まずはキャベツです。見てください。素晴らしいでしょ!かなりの重さです。品種はタキイの『おきな』。
Photo_2
次は白菜です。ずっしりと中身も詰まっていて、家族で食べても3日ほどかかってしまいそうです。品種はタキイから出ている、『大将』です。
Photo_3 大根はかなり収穫した残りですが、まだまだ大丈夫です。こちらもタキイの『耐病総太り』で、名前のごとく、たいそう太っています。

叔父の家では、農業もたっぷりやっていますが、届けた後、「たいした立派な野菜を届けていただいた!!」と家族の方から驚きの電話を頂きました。

2007年11月17日 (土)

基礎から学ぶログハウス教室・その1

Pict7128 田舎暮らし応援団に実は私も参加していました。でも幽霊会員というか、不真面目な参加というか、いろんな都合があって今まで顔を出すことが少なかったのですが、今月から第3期が開始というタイミングで"心を入れ替えて"臨むこととしました。
そしてまずは、長椅子作りの実習から始まったのです。「玉ギリ」「ハーフログカット」「スクライブ」「カンナかけ」と基礎から学べる工程が組み込まれています。数年後のマイログハウス建設の絵を夢見て気持ちをこめて切り刻んでいきます。

Pict7136 ベンチが一応完成しました。これからコツコツとマイログに向けて励んでいきます。

2007年11月16日 (金)

GUARD ALASKA

Pict7118今日はフリーなので、裏山にある先祖代々の墓とそこへ行く道の掃除に今から出かけます。
ほんの数分のところではありますが、最近「熊出没情報」が出ているので要注意!です。
昨年も、ログハウス用の檜間伐材の選定に山に行くとき同様の状況だったので写真の熊撃退スプレー「Guard Alaska」と熊避け鈴、それにホイッスルを買っていました。
購入したのは東京でしたが、どんな威力か興味津々で、単身赴任のワンルームマンションで、気持ちを抑えきれずにレバーをほんのチョコッと押したことがあります。その途端、『ジュッボ~~~!!!』とオレンジ色の噴射が起こり、数メートル先のカーテンに20cm程の赤い模様が出来たと同時に私の眼からは涙がこぼれだし、鼻水は止まらず、喉は痛くなり、あわてて窓とドアを開け、1時間以上風通しをしていた思い出があります。(トホホ
そして1年経過しているので、使用期限が判らないこともあり、一応試し噴射を今回は屋外で行いましたが同じように『ジュッボ~~~!!!』でした。少し喉が痛くなり鼻がズルっときましたが今回は大丈夫でした。威力十分が確認できましたので、今から腰にスプレーと鈴をぶら下げて出かけてきます。無事に帰ってこれますように。(こわっ~

2007年11月15日 (木)

農業大学校・その15

Pict71008月からスタートした農業大学校はいよいよ来週で卒業となります。短期とはいうもの3ヶ月、真剣に取り組みました。そして得るものも多くありました。
今回のBLOGは即物的に!!!(本日は実習圃場の整理もあったので、皆さん収穫できるものを夫々に持ち帰りました・・・)、まずはキャベツです。大きさを実感していただくため<携帯電話>を横に置きました。皆から言われます・・・「こんな大きいキャベツ見たことなぃわ~!」 立派なキャベツです。一時はモンシロチョウの攻撃にあい、青虫だらけになりましたが、根気良く虫捕りをした結果でしょうか!
Pict7105 春菊(菊菜)も見てください!携帯電話が埋もれそうです。毎回摘んで帰るのですが次から次へと美味しい緑を増やしてくれています。
Pict7106 次に、「何コレ?」・・・ハイ、『コールラビ』です。キャベツとカブの混血の野菜で欧州が原産です。こちらもすくすく育っています。

Pict7103_2ハクサイの隣には、紅白を植えています。お正月の玄関と言えば”定番”『葉牡丹』です。よきお正月を迎えるため、そのうち家の玄関に届けるつもりです。
Pict7111 そして、最後に本日家に持ち帰えりましたあまりにも大きく、何日もかかって一個を食べきれるかどうか疑わしい”ハクサイ”の登場です。

毎日のようにこれらの野菜たちを収穫し、家にご近所に持ち帰っています。生で・炒めて・炊いて・・・食べていますが、食べ切れ無い状況が続いています。

今年は実習で、お勉強としてこれらの作物を作りましたが来年は多くの人にお届けできるように、もっともっと頑張って作りますので、皆さん期待していてくださいね。

Pict7110 後片付けの時間に、夕日が私たちの将来を応援するかのように輝いてくれました。

2007年11月 8日 (木)

玉ねぎ苗の植え付けです

Pict7050_4先日、えんどう豆とそら豆の種を蒔きましたが、今日は玉ねぎの苗の植え付けです。農大で8月に蒔いた種がこんなに育ちました。左が赤玉ねぎで右が普通の玉ねぎです。同じタイミングで蒔いたのですが成長の度合いが全然違います。実は普通の玉ねぎの方が人気があり早い日の収穫で沢山なくなってしまい、私には残り物が廻ってきました。でも近くのホームセンターにはもっと貧弱な苗が大きな顔で6円/苗以上で売られております。残り物に福!です。きっとすくすく育つことでしょう。
Pict7053 昨年はカブと大根が作られていた場所に、長さ6mの畝幅135cmの広さでつくり、マルチで覆いました。先週に、牛糞堆肥20kgと苦土石灰1kg、BMようりん800g、CDU燐加安400gを鋤きこんでおきました。穴あきマルチは15cm間隔で穴があいていますのでは植える場所が決まっており楽チンです。1時間程度で230本程度の苗を植えつけることが出来ました。
寒い冬を耐えて、来年の5月に大きな玉ねぎが出来ることを楽しみにしておきましょう。

2007年11月 6日 (火)

10,000ヒット突破

このBLOG、今年2月28日に開設して8ヶ月が経過しました。そして、先日1万ヒットを記録しました。一日に40回ほどのアクセスをしてもらっているようです。思っていた以上に訪問いただく方が多い中、最近更新が若干停滞気味でしょうか?
毎日、やるべきやりたい事が多く、ついついブログ更新の優先度が下がってしまっています。
そんな最近をまとめますと、やはり農業のことが多い様です。

Pict6992_2 10月31日:今年は概ね田圃の整備は終わりましたが、来年度に向けての田起こしや代掻き、畑には今年失敗だった”えび芋”の再チャレンジ、今年ためしで植えた丹波黒豆がそこそこ出来たので、来年は出荷も意識した黒豆(枝豆)作り、他にも、今年は遊ばせていた畑を有効利用すべく今から栽培計画をたてていきたいと思っています。その計画に平行して、それを実現するために必要なトラクターを中古で探しているところですが、写真のような中古が出たので実物を見に行ってきました。21馬力なので、当初の購入計画(15馬力)より大きいですが、大は小を兼ねる!これに決めようかと思っています。
Pict7001_2 11月1日:上は農業大学校の授業「料理教室」の風景です。
農は作る楽しみが大きいですが、それと同じ位、食べる楽しみもあります。作っただけでどんな出来栄え(味)か?どんな料理が美味しいかが判らなければ片手落ちということで、重要な授業です。スペアリブとスモークサーモン以外は私たちが作った野菜たちです。大根と春菊とカブとコールラビ。
料理の先生からレシピをいただき、皆で調理しました。調理も楽しいし、出来上がった料理を綺麗に盛り付けて皆で戴くのは格別においしい物でした。
Pict7015 11月2日:京都の花背といえば、鞍馬を抜けて山道をどんどん奥に行った山の中。でも市内から30分程度で行けます。そこに、森田師匠が管理しているハウスが2棟、作り手が無いかと探しているということで、農大の仲間の圃場探しと一致すると思い、見学に行ってきました。元はテニスコートだったそうですが、ハウスを建てて今年の夏まで10年近くトマトやナスが作られていたそうです。資材小屋には鍬・鋤・動墳機・管理機等必要なものは全て揃っており、自由に使っていいという最高の好条件です。
Pict7024 11月5日:大江のマイ畑はこの前収穫した丹波黒豆(枝豆)の後を、牛糞堆肥と苦土石灰、それに肥料(ようりん、りんかあん)を鋤きこんでおいたのですが、そこに黒マルチを張り、「えんどう豆」と「そら豆」を播種しました。寒い冬を絶え、春には元気良く育って欲しいものです。えんどう豆は豆ご飯に、そら豆はビールのおつまみにと活躍することでしょう。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック