フォト
無料ブログはココログ

« 新たな出発・林住期 | トップページ | 計画・立案とトレース(PDCA)は大切 »

2007年7月 3日 (火)

梅雨の合間に

Pict4716 今にも雨が落ちてきそうな空ですが、今朝は大丈夫。ドローナイフの使い勝手も早く試したかったので今日は一日皮むき作業です。目標5本です。
で、使い勝手ですが、両手で力強く引けるので作業性は良いのですが、刃の角度の持って行き方とか少し慣れる必要がありそうです。
午前中で3本、昼食後1本と順調に稼いで行きましたがそこで雨。ちょっと様子を見ましたが、今日のところは継続断念。
Pict4720 明日、雨が止んでいれば防腐剤を塗ることにします。
前回までが11本+本日4本=15本。残すところ75本です。先はまだまだです。
Photo_2 ではということで、晴耕雨読を楽しむことにしました。
昨日買っておいた五木寛之「林住期」です。

私の状況と重ね合わせて面白く読むことが出来ました。で、なるほどと思ったことを少し書いておきます。
1)出来ることなら50歳から75歳までの林住期を、生活のためでなく好きな仕事をして生きたい

2)人が本来なすべきことは何だろうという疑問。そもそもこの自分は、生きて何をなそうと心に願っていたのか。そういう問いかけは「林住期」にうまれてくる。
3)まず物を捨てることから林住期は始まる。人付き合いからも解放されるが、孤独化も味わうが孤独な犀のごとく歩めという気持ちを持ち続けたい。人は生きるときも死ぬときも一人である。
4)スタートラインについてダッシュするのが学生期、加速してタイミングを図るのが家住期、満を持してジャンプ!これが林住期
5)林住期はおもしろい時期である。人間として最も有意義な生き方が出来る時期かもしれない。人生の黄金期、収穫期(ハーベストタイム)としての25年をぜひ見出して欲しい。
6)上海も光り輝く都市だ。その夜景を眺めながらその背後の闇の濃さを感じずにはいれなかった

若い人も面白く読めると思います。

« 新たな出発・林住期 | トップページ | 計画・立案とトレース(PDCA)は大切 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/7017947

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の合間に:

« 新たな出発・林住期 | トップページ | 計画・立案とトレース(PDCA)は大切 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック