フォト
無料ブログはココログ

« エビ芋の成育 | トップページ | 古都のマツの緑再生プロジェクト・報告 »

2007年6月26日 (火)

思わぬアクシデント

Pict4634ある方から、6月から初夏にかけての水田の緑が大好きというメールをいただきました。私も大好きで、特に朝露を蓄えた水田と夕刻のそれが好きです。

ということで、今朝は7時前の”はな”の散歩の時に写した、まだ山々が朝靄に包まれている水田風景をお届けします。

で、今日は皮むきするぞと張り切って作業服に着替えようとしたその時!・・・昨日洗濯して乾してあった生乾きのズボンの乾き具合を見ようと手にした途端! グサっという表現が適切なのかジクっというか強烈な痛みが薬指に突き刺さってきました。「いだ~!!」とばかりに手を払うと、ドアの隅に黒い影がモゾモゾっと隠れていきました。毒蜘蛛か!? あまりの痛さに我を忘れ追いかけるのは後回し。こんな時は「ポイズンリムーバー」のお出ましとばかりに、毒を吸い出そうとしたのですが、薬指の先で且つ噛まれたところ良く判らずに口ですい続けました。
Pict4636 少し座っていれば落ち着き痛さも和らいでくるのではと思いましたが大間違い。痛さは徐々に増していき、腕から肩にかけても重だるくなってきました。「心臓まで痛なってきたらどないしょう。」これはただ事ではないと、急ぎ病院に直行!(私は余程の事がない限り病院には行きません)
「毒蜘蛛はこの辺にはいないし、きっとムカデでしょう」との診断で、指先を消毒して抗生物質塗ってもらって帰ってきました。
今、丁度お昼ですがまだ痛みが走ります。医者の話だと1~2週間は痛みが残るだろうとの事。

とりあえず、今日は皮むき止めて安静にしておくことにしました。

しかし、これで良かった。ムカデに気づくのが遅く、ズボンはいた途端に股間をグサっとやられていたらこんなことでは済まなかったでしょう。(想像しただけで怖い~!)

私の場合、何かアクシデントがあった場合、それ以上の事態を想定し、「ま、この程度で良かった・・」と思うようにしています。

皆さんも、ジトジトする日が続きます。ムカデは田舎だけでなく街にも居ます。十分気をつけてください。(#ま、このブログ書けるようになったということは、少しは痛みが和らいできた証拠でしょう...ほんまにこんな痛さは初めてでした)

« エビ芋の成育 | トップページ | 古都のマツの緑再生プロジェクト・報告 »

コメント

おお~!何てこった。田舎はいろんなことがありますね。でも本当に、大事な(!?)股間でなくてよかったですね。腕が草刈でジンジンしているところにテニスなんて張り切るから、神様が「年を考えて少しはゆっくりやらんかい」とムカちゃんをよこしてくれたのでしょうね~。とにかくお大事に!

それと、朝霧の水田の空気を感じました。本当にきれいですね!いいな~、こんなところで暮らせるなんて・・・!ムカちゃんがいても、羨ましいです。

朝靄の空気感じてくれてありがとう!
近々夕日に映えるってやつもお届けしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/6934920

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬアクシデント:

« エビ芋の成育 | トップページ | 古都のマツの緑再生プロジェクト・報告 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック