フォト
無料ブログはココログ

« 京野菜(やることその二) | トップページ | 35年目の檜林 »

2007年4月14日 (土)

古都のマツの緑復活プロジェクト

Pict3520京都大阪森林管理事務所 では、北アメリカからはるばるやってきた”マツノザイセンチュウ”にやられて松枯れが激しくなっている状況の中で”アカマツの里親制度”を推進中です。抵抗性の強いアカマツの種子を預かり、種をまいて芽を出し苗木として2年間育て、それを京都の山々に植えましょうと言う長期プロジェクトです。私も里親の一人になりました。2年後が楽しみですし、10年もたてば、そこそこのアカマツ林が出来、”松茸”など収穫できればいいなあ~!(写真は、「有田ア49」という品種のアカマツの種子です)

« 京野菜(やることその二) | トップページ | 35年目の檜林 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/6088218

この記事へのトラックバック一覧です: 古都のマツの緑復活プロジェクト:

« 京野菜(やることその二) | トップページ | 35年目の檜林 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック