フォト
無料ブログはココログ

« 東京生活その五(改め...) | トップページ | 館林といえば・・・ »

2007年3月31日 (土)

食育

Pict3485 おいしい食事ってなんや?と問うた時、誰がなんと答えるか?興味深い!。 仮に私自身が突然そのような質問を浴びた時どう答えるか?頭の中でまずどんな場面や匂いや味覚を感じるかと思ったとき、一瞬浮かぶのは、高級レストランのディナーであったり、銀座・久兵衛の”おまかせ”にぎりであったり、・・・と、いや嘘々・・・わたし行った事ありませんし食べたこともありません。なのでそんなのは知りません。でも何が美味しいかと言われると「いつもは食べられないような、TVなどで噂になっている、それも高いお金のかかるナニカ・・・」をつい探してしまうことがあります。でも、ちょっと違いますね。美味しい食事とはもっと身近な普段の日常の中にさりげなく存在します。今日はとても美味しい食事にめぐり会いました。
昨年、森林インストラクター研修でお世話になった”やまぼうし自然学校”の食育イベントに研修スタッフとして参加してきました。集まったのは9家族。お父さんお母さんに小学生クラスの子供と幼児達総勢約30名。羽田空港に近い城南島海浜公園で開催したのですが、そこに流れてくる流木を使って火を熾すところから始まり皆で持ち寄った野菜を自分たちで刻み、お湯を沸かし野菜スープを作り、準備してもらった竹を、これまた慣れない!ナイフを使って竹串と箸を作り、シャシリック(ジャンボ串焼き)を熾火にかざして、ピラフやデザートも作り、そして皆で「いただきます~」の掛け声と共にパクつきました。その美味しさは優れものです。自分達で火を熾し、野菜を刻み、お箸までつくり、そして一番の味付けは家族や仲間(その日初めて会った人達も多いですが、アイスブレークゲームで打ち解けたり、子供を通じて親近感を感じたり・・・)と一緒に、そう皆の共同作業で、出来上がったばかりのアツアツのご馳走をアウトドアで笑顔を添えていただく美味しさは格別です。材料も自分達で作ったもの・・・などということになれば、これが最上の食事になるのでしょうが、そこまでは望めないながら、今日一日、見知らぬファミリーと一緒に自分たちの手で作った美味しい食事をいただきました。暗くなっての星の話・宇宙の話に子供たちが熱心に聞きいり、そして質問やつっこみをいれてきたのもデザートとして微笑ましかったです。

城南島は羽田空港の近くと言うこともあり、ジェットの離着陸のたびに、"竹やり”でつつけるくらいの高さのところを飛び交うため”うるさい”のが難点でした。それとパチリっと写真を撮ったとき、機内食と比べたら、今ここで食べている食事がどんなに素晴らしいか!って思ってしまいました。(写真は、夕方に写したそのジェットです)

« 東京生活その五(改め...) | トップページ | 館林といえば・・・ »

コメント

「おいしい食事」同感です。そして身近な美味しい食事は、家族揃っての食事・・・それも皆で手分けして作った・・・これしかありません。

でも東京、しかも羽田空港の近くでこんな自然楽校のようなことが開催されているなんて信じられませんね!めったに行くことないですが、今度羽田に行った時には空からそんな光景を探して見ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/251751/5927185

この記事へのトラックバック一覧です: 食育:

» 深海魚 写真 [これいいよ]
夫の弟くんが写真をはじめたと夫が教えてくれた。 なんでも目指すは 「福山雅治」 のようなカッコよくて、写真が撮れて歌の上手い男だという話。 [続きを読む]

« 東京生活その五(改め...) | トップページ | 館林といえば・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック